Archive of ‘【ジャンル】家電’ category

Anker PowerHouse Ⅱ 400につなげるソーラーパネルは、「Anker PowerSolar 3-Port 100W」がベスト!

先日、ポータブル電源のレビュー「Anker PowerHouse Ⅱ 400をレビュー!防災グッズとしてあると安心感「大」です」を書きましたが、その続編です。

ポータブル電源を家に確保し、停電時に少し強い家になりましたが、実際に停電になってしまったときに充電を使い果たしてしまったら困ると思い、Anker PowerHouse Ⅱ 400を太陽の力で充電させることができるソーラーパネルが欲しいと思いました。

ネットで検索するとたくさんのレビュー記事がアップさせている中で、ポータブル電源とソーラーパネルを違うメーカーで購入した場合、端子が違うと変換する部品が必要となってしまい、さらに充電パワーが落ちてしまうという記事を見かけて、メーカーは揃えるもしくは入力端子が合うものにするしかないと思いました。

機械に詳しい訳ではないので、この場合はAnker PowerHouse Ⅱ 400にばっちり対応している「Anker PowerSolar 3-Port 100W」が少々高くてもベスト!と決めアンカー・ダイレクト楽天市場で購入しました。※現在、現在在庫切れです。

外箱の写真外箱 上の写真

商品到着時は、段ボールがなかり大きくてびっくりしました。

中身を確認するため、部屋の中で広げてみると4枚のパネルが折りたたまれているため広げるとかなりの長さです。広げた時の大きさは約 144.6 x 52.5cmです。
ソーラーパネル全体

畳まれている写真1畳まれている写真2

折りたたんだ時の大きさは、約52.5×47.0cmで、重さは約5kgです。女性がギリギリ片手で運べる大きさ、重さでしょうか。

マジックテープ背面

マジックテープで留まっていて、広げた時に角度を調整できる足となる部分に収納がついていて、この収納部分にコードをしまっておくことができます。

ポート部分1
ポート部分2ポート部分3

説明書もついてきますが、見た目でどこにコードを差せばいいかすぐに分かりました。

このソーラーパネルは、ポータブル電源を充電させるだけでなく直接スマホやタブレットなどを充電できるUSB-CポートとUSB-Aポートがあります。停電時に早く充電したい場合は、直接つないだ方がいいかもしれません。

さっそく太陽がでているうちに、自宅のウッドデッキでソーラー充電に挑戦しました。
充電中の写真

太陽の角度に対して垂直にパネルを合わせると、一番効率よく充電させることができるようでパネル連結部に付属した太陽の位置測定器がとても役に立ちます。
位置測定器の写真

青い点の影が赤〇の中にくる角度が一番効率のいい角度です。10回以上「Anker PowerSolar 3-Port 100W」を使って充電している中気がついたのは、夏至付近の昼間は太陽の角度が高いので床にべた置きが一番いい角度となります。当たり前ですが、夕方になるにつれて角度をつけていく感じです。

2時間に1回ぐらいは角度を調整すると早く充電が満タンになります。商品名は「100W」と入っていますが、Anker PowerHouse Ⅱ 400は最大65W出力で充電されます。

単結晶パネルを使っていて最大23.5%の高効率でソーラー充電が可能です。様々なソーラーパネルがネット上や家電量販店で売っていますが、この最大23.5%の効率はかなり高い方だそうです。W数が大きければいいというものではなく、持っているポータブル電源との相性が重要ですね。W数が大きいほどソーラーパネルも多くなってしまい値段も上がってしまいます。

防水性能や耐久性に優れたETFE素材が採用されているたので、確かにしっかりとした作りで、うっかり外に出しっぱなしにして小雨にうたれたことがありましたが全然大丈夫でした。

充電中背面写真充電中写真

使用上の注意点は、外で充電中はポータブル電源を日陰に置いておいた方がいいことです。夏の直射日光でポータブル電源にダメージが加わらないようにソーラーパネルの裏側に隠しておくといいかもしれません。

住宅の庭でなんとかソーラーパネルに影がかからないように設置して、50~60Wぐらい発電できています。ポータブル電源の液晶に何W充電されているか、あと何時間で100%になるかが表示されますので、太陽のパワーを感じられて発電するのが楽しくなります。

この貯めた電力でPCを繋いで仕事をしたり、扇風機を動かしたりと、ちょっとは節電になっているかなと思うと環境にいいことをしている気分にもなりますよ。
ただ、ポータブル電源やソーラーパネルの値段は高いので、節電した分で電気代で払ったモトは取るのは難しいと思いますので、これはあぐまでも防災グッズやアウトドア向けとして購入をおすすめします。


Anker PowerHouse Ⅱ 400をレビュー!防災グッズとしてあると安心感「大」です

災害が起こったり停電時の電源確保としてポータブル電源が欲しいと思っていたところ、Anker PowerHouseⅡ 400(アンカー パワーハウス)をいただける機会があり感想をご紹介したいと思います。

正面から見た写真

まず、Ankerというメーカーは米国・日本・欧州のEC市場でトップクラスの販売実績を誇る“充電”のリーディングブランドで、モバイルバッテリー・充電器・スピーカー・イヤホン・ケーブルなどを販売しています。

楽天やAmazonなどでこれらの商品を検索していると必ずヒットするようなメーカーで、デザインもシンプルでかっこいい系なので男性が好んで購入していそうなイメージです。

ポータブル電源は、屋外でもコンセントやUSBケーブルを使って家電製品の使用や、PC、タブレット、スマートフォンの充電ができるバッテリーで、キャンプなどのアウトドアで使用できたり、停電時の非常用電源として使えます。私は本格的なキャンプはやらないので、アウトドアでの使用は考えていませんでしたが、停電時の非常用電源として期待しています。

Anker PowerHouseⅡ 400は、容量が「約108,000mAh」という大容量にも関わらず、サイズも価格もコンパクトです。重さは約4.62kgですが大きな取っ手がついているので、女性でも子供でも軽々と持ち運べます。大きさは約255×148×139mmです。 

取っ手の写真

充電の仕方は3種類あり、家のコンセントから充電・車のシガーソケットから充電・ソーラーパネルをつなげて充電できます。
充電の写真
写真ソケットの写真シガーソケットの写真2

画面も大きくてとても見やすくて現在のバッテリー残量や充電中のW数と残り時間、出力時のW数と残り時間が表示されます。この残り時間が分かるのは、すごく使いやすいと思いました。

前面と差し込み部分はUSBが3個あります。
AC:300W (瞬間最大600W)
USB-Aポート:各12W×3(最大36W)
USB-Cポート:最大60W
シガーソケット:最大120W

スマホの充電なら最新式でも20回以上フル充電でき、ノートPCなら5~6回フル充電できるそうです。しかも同時に8台同時に充電 / 給電できるパワーがあります。

電源差し込み部分写真電源差し込み部分写真2

横には、強力な白系LEDライトがついていて連続点灯や点滅をさせることができます。

横のライトの写真

背面に暖色系ライトがついていて夜間、ランタン代わりに周囲を柔らかく照らすことができます。

背面ライトの写真

この2か所のライトは、十分に明るいので夜間突然停電してしまったときなど照明代わりにもなり懐中電灯にもなり、SOSを発信もできるのではないかと思います。

実際に少し家電を繋いでみました。サーキュレーター、扇風機は余裕で動きます。
サーキュレーター扇風機の写真

デスクライトや、PCもつなげて問題ありませんでした。
デスクライトの写真PCの写真

家にあったデロンギの電気ケトルは、お湯を沸かすことはできませんでした。こちらのケトルは1200Wも必要でした。

ACの出力は300W (瞬間最大600W)なので、その点に気を付けて使える家電を見分けなければなりません。液晶テレビは40~600Wなので小型なら大丈夫そうです。

このAnker PowerHouse Ⅱ 400をレビューしてる他の方ブログで、家のコンセントが足りない場所にポータブル電源を置いておくと家電が使えて便利と書いている方がいました。確かに部屋のここにコンセントがあれば良かったのにと思う場所があるかと思います。

夏や冬にエアコンをつける場合、サーキュレーターとの併用を推奨されているけどちょうどいい位置にコンセントがないというときに、重宝しそうですよ。

シンプルなデザインに加えて防塵防水カバーなので、アウトドア使用時の耐久性高いますし、小型の割には容量が大きいので、停電時の電源がないなと心配な方にはポータブル電源おすすめですよ。

私は、災害などの停電時の一時的な電源が確保できて安心したと同時に、バッテリーを使い果たしてしまったときに太陽光発電で充電ができるソーラーパネルが欲しくなりました。次は、ソーラーパネルを購入した感想に続きます。

楽天市場にアンカー・ダイレクト楽天市場があり、安心して購入できます。税込み49,900円と高額商品なので、楽天スーパーポイントもたくさんついて、少しでもお得に購入できるかと思います。

容量を圧迫するスマホの写真や動画の整理はBUFFALO「おもいでばこ プレミアムモデル2TB PD-1000S-LV/D」で解決!

2021年5月にiPhone12minにスマホを買えたのですが12月に娘の写真で容量がいっぱいになってしまいました。既にGoogleフォトも容量がいっぱいになっていた為とりあえずiCloudを200GBプランを追加で購入し、更にAmazonフォトにアップロードしていました。ただこのままだと写真や動画がバラバラになっているし一眼レフや夫の撮った写真をまとめて整理したいと考えていました。その時にTwitterでおもいでばこのPRをみてぴったりだと思い購入しました。

おもいでばこには容量が1TBと2TBあり、更にそこからスタンダードモデルかプレミアムモデルを選べます。スタンダードモデルはHDD、プレミアムモデルは監視カメラの記録等にも利用される信頼性の高いVideo HDDを採用しています。更にプレミアムモデルは3年保証がついてきます。データに関しては容量もハードもいいに越したことはないも思ってるので一番いいモデルの「おもいでばこ プレミアムモデル2TB PD-1000S-LV/D」をコジマ楽天市場店で税込49,980円で購入しました。送料は無料です。

おもいでばこは専用の「おもいでばこアプリ(Windows / Mac / iOS / Android)」を使ってスマホやパソコンから写真の取り込みが簡単にできます。もちろんデジカメで撮影した写真もUSBケーブルやSDカード経由で保存可能です。iPhoneでも安心のHEIF、HEVCも取り込みに対応でLive Photosや4K動画も各機器に適した形で再生・かきだしてくれます。

撮影した写真・動画は画質に影響を与えるような圧縮などをしない状態のデータを保持してくれるので安心です。更に撮影情報にしたがって「おもいでばこ」が写真や動画を自動で整理してくれます。撮影した時系列に並ぶから写真が探しやすくなっています。

おもいでばこのプレミアムモデルには3年保証がついていてバッファロー正規データ復旧サービスに対応しているので安心です。スタンダード・プレミアムモデルどちらも故障予測機能「みまもり合図forおもいでばこ」があり異常を検知したら分かるように教えてくれる機能もプログラムアップデートで追加されました。

おもいでばこにはいくつかオプション機器があり、DVDやCDからも取り込めるDVDドライブ「おもドラ」やおもいでばこをバックアップする
「おもいでばこ 安心バックアップキット」、おもいでばこを固定する「おもいでばこ マウントキット」が別途販売されています。


2021年12月31日(金)に注文し2022年1月3日に届きました。段ボールにぴったりフィルムで固定されていました。商品の箱には納品書が貼られていてメーカーに修理をお願いする時に必要にるので無くさないように気を付けましょう。




中は上から取扱説明書・保証書、本体、リモコン・乾電池(単4×2)・HDMIケーブル(1.2m)・ACアダプターが入っています。



本体は20.5×16.4×10.9cmとそんなに大きくないのでテレビの横に置いても邪魔になりません。前面には電源ボタンとUSB、SDカードが入れられるスロットがついてます。後ろは電源スイッチ、電源、LAN、HDMI、拡張端子、バックアップ機器がついています。


リモコンはおもいでばこの操作はもちろんテレビの操作も可能です。乾電池は動作確認用なので別途購入しましょう。


早速繋げていきます。繋げるのは簡単で電源とテレビへの接続のためにHMIDケーブルを接続するだけです。うちはSwitch、Googleキャスト、プレステ3と繋げるのが多いのでHDMI分配器を繋げれてます。おもいでばこをつなげると1つあぶれるので分配器もそのうち買い換えようと思います。


テレビをつけるとセットアップ画面になってるはずだったのですが、繋げてるときに娘がリモコンのボタンをめちゃくちゃ押してたので既にホーム画面になってました。設定画面見る限りネットワーク初期設定のことっぽかったので進めていきました。指示通りに設定すればいいのでこちらも簡単にネットワークに繋がりました。スマホでの設定も一緒にやりました。こちらもアプリをダウンロードして進めるだけです。

設定ができたので早速スマホから写真をアップロードしてみました。アプリを開いて「写真を送る」を選ぶとスマホに入ってる写真の一覧が出てくるので送りたい写真を選んでアップロードするだけです。この時にアルバムを作れるので整理もできます。アップロード時は送信中と表示されアプリを切り替えたりすると中断されてしまうので終わるまではその画面のままにしときましょう。

おもいでばこに送られた写真はチェックがつくので一目で分かります。更にアップロード時に重複チェックをしてくれるので同じ写真をアップロードする心配もありません。ただ残念なのは私は娘の写真だけアップロードできればいいのでiPhoneの写真アプリみたいに人物でのソートがかけられれば完璧でした。写真アプリ側からもおもいでばこにアップロードができる場合もあるのでなんとか出来ないかと頑張ったのですが、ピープルでソートをかけた後に選択で100個までならまとめておもいでばこに送ることは出来ました。

アプリ側からもおもいでばこにアップロードした写真を見ることもでき、オフラインでも見たい場合はクリップ機能を使えばいつでもスマホで見ることができます。クリップした写真は容量を小さくしてダウンロードされるので圧迫される心配もありません。

おもいでばこからGoogleフォトへのアップロードも対応しているのでGoogleのドライブを契約しておもいでばこ、Googleフォト、Amazonフォトの3つでバックアップを取っていこうと思います。


元々echo show8で娘の写真を流してたのですがテレビの大画面で見るのはまた違いました。おもいでばこはスライドショーで写真はもちろん動画もランダムで流す事が出来るのが特に良かったです。娘は自分の写真や動画を見るのが凄く好きなのでテレビに流れる自分をみて大喜びしていて可愛かったです。

ただクラウドサービスみたいに撮った写真を自動でアップロードは出来ないので気になる人は気になるかもしれません。最初のまとまった移行作業さえしてしまえば寝る前や時間の空いた時にやればいいので私は気になりませんでした。

おもいでばこはテレビに繋げてあるのですぐに見れるし家族はもちろんおじいちゃんおばあちゃんが来た時に一緒に思い出を振り返るのにぴったりです。家族の写真をとったものの容量が圧迫されて困ってる人やバックアップをハードディスクでとりたい人に「おもいでばこ プレミアムモデル2TB PD-1000S-LV/D」はぴったりの商品です。