Archive of ‘【女性ライター】HACCI’ category

Anker PowerHouse Ⅱ 400をレビュー!防災グッズとしてあると安心感「大」です

災害が起こったり停電時の電源確保としてポータブル電源が欲しいと思っていたところ、Anker PowerHouseⅡ 400(アンカー パワーハウス)をいただける機会があり感想をご紹介したいと思います。

正面から見た写真

まず、Ankerというメーカーは米国・日本・欧州のEC市場でトップクラスの販売実績を誇る“充電”のリーディングブランドで、モバイルバッテリー・充電器・スピーカー・イヤホン・ケーブルなどを販売しています。

楽天やAmazonなどでこれらの商品を検索していると必ずヒットするようなメーカーで、デザインもシンプルでかっこいい系なので男性が好んで購入していそうなイメージです。

ポータブル電源は、屋外でもコンセントやUSBケーブルを使って家電製品の使用や、PC、タブレット、スマートフォンの充電ができるバッテリーで、キャンプなどのアウトドアで使用できたり、停電時の非常用電源として使えます。私は本格的なキャンプはやらないので、アウトドアでの使用は考えていませんでしたが、停電時の非常用電源として期待しています。

Anker PowerHouseⅡ 400は、容量が「約108,000mAh」という大容量にも関わらず、サイズも価格もコンパクトです。重さは約4.62kgですが大きな取っ手がついているので、女性でも子供でも軽々と持ち運べます。大きさは約255×148×139mmです。 

取っ手の写真

充電の仕方は3種類あり、家のコンセントから充電・車のシガーソケットから充電・ソーラーパネルをつなげて充電できます。
充電の写真
写真ソケットの写真シガーソケットの写真2

画面も大きくてとても見やすくて現在のバッテリー残量や充電中のW数と残り時間、出力時のW数と残り時間が表示されます。この残り時間が分かるのは、すごく使いやすいと思いました。

前面と差し込み部分はUSBが3個あります。
AC:300W (瞬間最大600W)
USB-Aポート:各12W×3(最大36W)
USB-Cポート:最大60W
シガーソケット:最大120W

スマホの充電なら最新式でも20回以上フル充電でき、ノートPCなら5~6回フル充電できるそうです。しかも同時に8台同時に充電 / 給電できるパワーがあります。

電源差し込み部分写真電源差し込み部分写真2

横には、強力な白系LEDライトがついていて連続点灯や点滅をさせることができます。

横のライトの写真

背面に暖色系ライトがついていて夜間、ランタン代わりに周囲を柔らかく照らすことができます。

背面ライトの写真

この2か所のライトは、十分に明るいので夜間突然停電してしまったときなど照明代わりにもなり懐中電灯にもなり、SOSを発信もできるのではないかと思います。

実際に少し家電を繋いでみました。サーキュレーター、扇風機は余裕で動きます。
サーキュレーター扇風機の写真

デスクライトや、PCもつなげて問題ありませんでした。
デスクライトの写真PCの写真

家にあったデロンギの電気ケトルは、お湯を沸かすことはできませんでした。こちらのケトルは1200Wも必要でした。

ACの出力は300W (瞬間最大600W)なので、その点に気を付けて使える家電を見分けなければなりません。液晶テレビは40~600Wなので小型なら大丈夫そうです。

このAnker PowerHouse Ⅱ 400をレビューしてる他の方ブログで、家のコンセントが足りない場所にポータブル電源を置いておくと家電が使えて便利と書いている方がいました。確かに部屋のここにコンセントがあれば良かったのにと思う場所があるかと思います。

夏や冬にエアコンをつける場合、サーキュレーターとの併用を推奨されているけどちょうどいい位置にコンセントがないというときに、重宝しそうですよ。

シンプルなデザインに加えて防塵防水カバーなので、アウトドア使用時の耐久性高いますし、小型の割には容量が大きいので、停電時の電源がないなと心配な方にはポータブル電源おすすめですよ。

私は、災害などの停電時の一時的な電源が確保できて安心したと同時に、バッテリーを使い果たしてしまったときに太陽光発電で充電ができるソーラーパネルが欲しくなりました。次は、ソーラーパネルを購入した感想に続きます。

楽天市場にアンカー・ダイレクト楽天市場があり、安心して購入できます。税込み49,900円と高額商品なので、楽天スーパーポイントもたくさんついて、少しでもお得に購入できるかと思います。

寒い冬に大活躍するアイリスオーヤマ「大風量セラミックファンヒーター スリム」の感想

寒い冬に大活躍するアイリスオーヤマ「大風量セラミックファンヒーター スリム」を購入しました。家電量販店で最初見かけたときは、他の機種よりもかなりコンパクトですっきりとしたデザインで、一目で気に入りました。

すごくコンパクト設計なので、心配なのは本当に温かいのか?という点です。家でネットで性能について調べると、性能に関してはアイリスオーヤマの大風量シリーズで、温風到達2Mと今までの大風量よりさらに大風量で高性能と分かりました。

「大風量セラミックファンヒーター スリム」は、3タイプあり①人感センサー/切タイマーあり②人感センサーあり③センサー/タイマーなしの3種類です。

3タイプで値段が異なるのですが、私が購入したのは②の人感センサーありの、真ん中の性能です。つけっぱなしにする予定はなく、洗面所や脱衣所、朝寝室でメイクや着替えをするときにパッとつけられてすぐ温かいものを求めていたので、センサーなしでもよかったのですが将来子供も使うかもしれないと思い、消し忘れを防げる人感センサー付きにしました。

アイリスプラザ楽天市場店で購入しました。こちらの商品は送料無料でした。

楽天市場ではお店ごとの値段の比較も簡単にできるので、もう少し安いお店もありましたが、アイリスプラザ楽天市場店で購入すると公式ショップ限定あんしん延長保証がつけられるという点で、このお店で購入しました。もちろん楽天のポイントはつきますし、貯まってポイントも利用可能です。

箱の写真箱の写真2

商品の箱にはおしゃれなインテリアになじむヒーターの写真が掲載されています。

商品サイズは幅約17.5㎝×奥行約19.15㎝×高さ約37.1㎝、重さは約2.7kgでとても軽いです。ペットボトル半分ぐらいの高さです。

大きさ比較の写真

上の操作パネルの写真

操作は本体上部分にボタンがあり電源ボタンを押し、モードで風量を調整します。1200W(ターボ)/1000W(標準)/600W(静音)の3段階から選べます。チャイルドロックボタンと連続運転延長ボタンがついています。

人感センサーの写真

人感センサーは本体前面の黒い部分にあり、90秒/5分/10分人感を感知しなければ自動OFFになるという設定が選べます。人感センサーでオフになっても、また人を感知するとまた電源が入るので、子供や消し忘れが怖いという方にはおすすめな機能だと思います。

ルバーの写真

風の向きですが、手動で変えることができます。手動なので、微妙な角度にも変えやすいです。

私は、家の雰囲気に合わせてホワイトを選びました。ネットの在庫状況は、グレーが在庫なしになっているお店が多かったので、グレーが人気色だと思います。

ホワイトとブラックのバイカラーなのですが、ブラックの部分が結構ホコリがつきやすいというか目立つかなと思います。写真でも少し白くなっています。

購入からあっという間に2ヶ月経ってしまいましたが、購入から毎日使っています。本当に電源つけたらすぐに温かい風がでてきますし、真冬は1200W(ターボ)を使えばかなり温かくなりますよ。部屋を暖めるより目的よりも、サブ的なピンポイントで温めたい時には最適なヒーターです。

春が近づき気温が上がってきても、足元だけ寒いと感じる日が多いので在宅勤務の方にもおすすめできる商品かと思います。

また、コンパクとスリム設計なので、シーズンオフに片づける場所に困らないと点も優れていますね。


一年中使える高性能サーキュレーターを購入しました

おととし購入したサーキュレーターが約2年で壊れてしまい、新しい物が欲しくなり今回はアイリスオーヤマの「サーキュレーター DCモーター 静音 DCsilent 20畳用」を購入しました。購入は、楽天市場で最低価格で販売していたイエプロ楽天市場店で購入しました。

サーキュレーター正面の写真

アイリスオーヤマは、近年リーズナブルで品質が良く家電製品も次々とヒットしているメーカーです。元一流家電メーカーの開発者による無駄な機能を付けずシンプルで高性能な物を多く作っているので、家電量販店でもアイリス製品が売れているようです。

この夏、アイリスオーヤマではたくさんの種類のサーキュレーターを販売している中でこの「DCsilent 20畳用」は、リビングで使用したい点と洗濯物の室内干しの乾燥にも使いたい点をクリアしていて、なおかつ静かということで選びました。

外箱の写真外箱の写真2

デザインは艶消しマットの落ち着いたホワイトです。ナチュラル系インテリアでもモダンなインテリアでもマッチします。

本体と付属品の写真

このサーキュレーターの特徴は到達距離25mととてもパワフルなのに風量1~5の場合静音35dB以下。(※35dB以下は図書館よりも静からしいです)風量は8段階あります。リモコンもついています。タイマーは2時間・4時間・8時間と3つあります。首振りは、上下だけ・左右だけも可能です。

DCモーターは、超低速回転でも送風できるため、風量を細かく調整できます。消費電力も少なく、電気代が安い傾向があります。商品ぺージには、1日使っても約5.4円と書いてありました。モーターの音も静音設計の為、全然気になりません。

スパイラルグリルと言われてるプラスチック部分のは指が入ってしまうことがないぐらいの隙間しかないので安心です。

サーキュレーターを使うことで、エアコンの風を部屋中に行き渡たらせることもできますし、洗濯物の部屋干しに風を当てて乾かすのにも使えます。軽いのでリビングで使ったり、洗濯物を干した浴室に移動させて使ったりも簡単にできますし、小さいので置き場所にも困りません。

浴室乾燥を付けながら、サーキュレーターも回すと時短にもなりますよ。

家じゅう色々な場所でも使え、空気を循環させるサーキュレーターはとても便利です。たくさん種類がでているので、用途に合ったものを是非選んでください。

現在は、購入したイエプロ楽天市場店では販売終了してしまっていました。他の店舗でも購入可能ですので、ぜひ価格も比較しながらお買い物してください。


ネットフリックスをテレビで見たくてFire TV Stickを購入!

世の中は第四次韓流ブームと言われ、私も友人に勧められ「愛の不時着」を見て以来すっかり韓流ドラマばかり見ています。今まではタブレットで見ていたのですが、さすがに首が疲れるし、大きい画面で見たいと思いamazonのFire TV Stick(第3世代)をネットで購入しました。

外箱の写真

ネット動画対応の新しいテレビを持っている人には必要ないものですが、自宅のテレビはYouTubeは見れるけど他の動画サイトには対応していませんでした。

値段は5000円~6000円と割とお手頃で、HDMI差込口のあるテレビとWi-Fiがあればすぐに利用可能です。テレビが4K対応ではないので通常版にしました。

ネット通販で購入を数日で荷物が到着しました。

段ボールの写真
中身の写真

Fire TV Stickは届いてすぐ使えるよう必要なものが全て入っていてリモコンの電池も入っています。
中身はFire TV Stick本体、Alexa対応音声認識リモコン、USBケーブル、電源アダプタ、HDMI延長ケーブル、単4電池2個・スタートガイドです。

本体にコードを差します。
本体セットリモコンの写真

テレビの裏にあるHDMI端子に差し込んで、コンセントを差し込めば用意は完了です。電源はUSBからもとれるようです。

テレビ裏側

本体をそのままHDMIに差し込んでしまうと壁につっかえてしまう方は、HDMI延長ケーブルがついてくるので、向きを曲げることができます。

テレビ裏側2

起動してしばらく待つとリモコン認証画面になるので、ボタンを押して認証が完了します。

ネットワークに接続するので、あらかじめWifiのSSIDとパスワードを手元に控えておくと便利です。WPSボタンを利用して簡単接続もできます。

テレビ画面

しばらく画面の指示の通りに設定していきます。設定などに自信がない方は、丁寧な説明をしているサイトやYouTube動画があるのでスマホやタブレットで見ながらをセッティングするのもおすすめです。私も一応YouTubeを見ながら設定しました。

アプリの画面

アプリを選んでインストールする画面になりますので、ここでネットフリックやU-NEXT、fuluなど好きなアプリを選んでインストールします。ネットフリックやU-NEXT、fuluなどは有料なので、会員になっていない場合はインストール後会員登録が必要です。

早速、本来の目的であったネットフリックをインストール&ログインして、とりあえず愛の不時着が見れるかを試しました。もちろん問題なく鑑賞できました。

テレビ画面

スマホやタブレット、テレビで見れるようになったのですが、どの端末からアプリを開いてもデータが残るので、視聴を中断したところから再開できます。すごく便利だと思いました。まだまだおうち時間が続くと思いますので、購入してみてよかったです。

私が購入した後、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、DAZN、Amazon Musicをワンボタンで起動できるボタンと、番組表ボタンが追加された第3世代のリモコン発売されました。


おうちの手洗いに自動のソープディスペンサーを導入しました

今年は手を洗う回数が格段に増えましたね。自分自身も子供達にも簡単に楽しくきちんと手洗いできるもの探しているときに「ソープディスペンサー 泡 自動/オート 非接触式」を見つけました。
全体の写真

楽天市場のANEWMARKで注文しました。今回はキッチンでも使いたかったので、同じ物を2個注文しました。

注文後数日で家に到着。早速段ボールを開けると、ソープディスペンサー2個と小さな箱2つが入っていました。小さな箱は、ソープディスペンサーを壁にかけるフックが入っていました。洗面所にソープディスペンサーを置く場所が方は、壁掛けもできるので置く場所に困りません。

段ボール写真
箱の写真壁掛け部品の写真

箱の内側にも取り扱い説明も使い方が書いてあり、電源は電池式なので単三電池3本を背面に入れます。ソープボトルに、泡のハンドソープを入れスイッチをONにします。

電池の写真ソープボトルの写真

このソープディスペンサーは泡の出てくる量を2段階に調整することができます。私は、たっぷりした泡で使いたいので量が多い方で設定しています。普通は0.6g、多めは1gの泡が出ているそうです。ソープボトルが半透明のブルーなので、残量もパッと見ただけで確認できます。モコモコの泡は、センサー部分に手をかざすと0.25秒で反応して出てくるそうです。

泡少な目の写真泡多めの写真

今まで使っていたプッシュ式のソープボトルは、陶器でできていて中身が見えなかったので、無くなるまで気が付かないことがありましたが、今は少なくなってきたら足すことができています。

楽天市場やアマゾンでは、たくさんの自動ソープディスペンサーが販売されていましたが、子供達が楽しく手洗いができるという点でこの商品を選びました。このソープディスペンサーは、見た目は白とボトルがブルーですっきとしているのですが、泡を出した後真ん中のニコちゃんマークが10回点滅する事で、10秒以上手を洗うことをお知らせしてくれます。

ニコちゃんマーク

子供達にはこのニコちゃんマークが消えるまで、泡でゴシゴシするんだよと目安があってとても説明しやすいですよ。

そしてこのソープディスペンサーは、泡用のハンドソープだけでなく液体のハンドソープを薄めて使えたり、食器洗い用にも使用可能です。食器を洗う時に、スポンジをかざせば自動で洗剤が出てくるのは使い勝手がよさそうですね。うちでは、子供がキッチンで手を洗うこともあるので間違ってしまうことのないようにハンドソープを入れています。

キッチンの写真
キッチンで自動でハンドソープが出てくるのは、料理を作るときにとても便利です。お肉を触った後など手がべたべたしているときは、ハンドソープを押すのもいやだったりしますよね。このちょっとした、不満を解消できます。これで水もタッチレス水栓だったら最高ですね。

夏に購入して約半年使っていますが、故障もなく電池も1度も交換せずもっています。一つだけ欠点があるのですが、小さな子が使ったときにセンサー部分に泡がついてしまうと、その後誤作動して勝手に泡が出てしまうことがあります。誰もいないのに勝手に泡が出てきて怖いと最初子供達は怖がっていました。慣れてくればセンサーに泡がついてしまうことはないので、その点は現在クリアされています。センサーの感度がかなりいいと思います。

自動ソープディスペンサーは非接触が求められているこのご時勢に向いていて、衛生的ですし本当便利なのでもはや生活の一部です。万が一壊れても次も自動の物が欲しいと思っています。こちらの商品、楽天市場のZNEWMARKでは税込み2,490円で送料無料でした。

新学期や家の整理に便利!コンパクトサイズのキングジムのテプラ Lite LR30を使ってみました

テプラと聞くと会社の事務用品のイメージが強いですが、家庭に1台あるととても活用する1台だと思います。今年1年生になる息子がいるので、持ち物もの名前が付けられるテプラが欲しいと思って、インターネットで検索すると手頃な値段で見た目もシンプルなものを見つけました。

値段を比較して、テプラ用テープも一緒に購入できるコジマ楽天市場店で購入しました。購入したのは「キングジム ラベルプリンタ-「テプラ」Lite 白 LR30シロ」で税込6,344円でした。 色違いはブルーがあります。

翌日配達可能商品で、購入後次の日に到着しました。欲しいと思った物がすぐ届けてもらえるので、ネット通販は本当に便利です。送料無料でした。
段ボール写真段ボール写真2
少し大き目のダンボールにしっかりと梱包され到着しました。段ボールの中もきちんと固定されているので、きれいな状態で安心です。

専用のテプラテープも必要なので、一緒に購入しました。白だけでなく、ピンクや水色、キャンバス地もあります。流行りのマスキングテープのような可愛い凝ったものも販売していまました。
本体とテープの写真

商品はとてもコンパクトで本体寸法は約71(W)×46(D)×76(H)㎜です。重さはわずか約132g。手のひらサイズで、見た目は無印良品っぽいシンプルなデザインです。側面に単四電池4本を入れる場所と、テプラテープを入れる場所があります。電池は自分で用意する必要があります。
本体写真本体写真2
本体写真3本体写真4

このテプラ Liteは、スマホで編集作業をしBluetoothで通信させます。ですので、本体には画面はありませんし、スマホで専用アプリを入れる必要があります。

スマホを使用しての編集ならではで、画面でタッチ操作で枠を設定したり文字をいれたりでき、どんなシールを作りたいのかがイメージしやすいです。もちろん書体も選べるので、シンプルな雰囲気からガーリーな雰囲気のラベルまで作成可能です。テンプレートがあるので編集が苦手な人でも簡単にできそうです。

まだ挑戦していませんが、似顔絵を作成してテープに印刷することもできるそうです。

スマホ画面スマホ画面2

そして、本体の電源ボタンを押してスマホ画面の印刷を押すとデータが送信されてテープがでてきます。

データ送信画面切り取りボタン

私がまず作ったテープは、小学校や保育園のプリントを入れるためのファイルのラベルです。書体が揃っているととても見やすいし、すっきりと見えますね。

事務用品的なイメージが近いテプラですが、テプラ Liteは見た目もシンプルでコンパクトですし、慣れている自分のスマホから編集ができるるので、細々とした物が多いキッチンやリビング収納の中のラベリングも、テプラ Liteがあれば思いついたときにささっと作れてしまう便利なものだと思いました。もちろん、子供の物の収納にも活躍しそうです。

今回は、専用のテプラテープも一緒に購入したかったのでコジマ楽天市場店で購入しました。電化製品の販売店の楽天市場店なの他に欲しいものがあったときに一緒に買えますし、あす楽対応商品でしたら16:00までに注文すれば翌日に届くスピードの速さがあります。3,980円以上は送料無料なので、電車やバスに乗って店舗に探しに行くよりも節約できますね。もちろん、楽天スーパーポイントも貯まりますし、貯まっているポイントを使って安く購入することも可能です。

家でもアウトドアにも防災にも!「Iwatani(イワタニ)カセットフータフまる」を購入

昨年の秋からアウトドア用品を少しずつ買い集めていたのですが、火を使うとき小さい子供がいるので炭を使うものは少し怖いと思っており、いざという時にも役に立つカセットコンロを探していました。そして、去年の11月に「Iwatani(イワタニ)カセットフータフまる」を購入しました。

数あるカセットコンロの中でも、タフまるは「耐荷重20kg・ダッチオーブンOK・風に強くアウトドアクッキングをとことん楽しむカセットこんろ」として販売しています。さらに持ち運びに便利な専用のキャリーケース付きですので、いちいちケースを買う必要もありません。

ネットで商品代と送料を含めて安いお店を探し、早速購入しました。購入したお店は「総合ネット通販!タンタンショップ」で、価格は税込5,800円でした。送料無料です。メーカー小売価格は10,000円なので、ネットで探されるとかなりお得に購入できますよ。

段ボール写真商品パッケージ写真

商品が自宅に到着。大き目の段ボールに入っています。中は、キャリーケースに説明が書かれたパッケージです。

パッケージ後ろ写真キャリーケースの写真

このキャリーケースも、ゴツさがたまらないデザインでまるで工具入れのようで安心感があります。

中身の写真

カセットコンロ自体のデザインも真っ黒にIwataniの白いロゴが映え、とてもごつくておしゃれな雰囲気です。

火が付くバーナーの周りに高めのフチがあるため、外で使う時に風で火が消えてしまうのを防ぐことができます。そして、耐荷重20KgまでOKなので、重たいダッチオーブンも使用できるようです。コンロを支える台の部分も熱に強い素材が使われていて、安定感があります。

ガスを入れる部分

使用ガスはイワタニカセットガスをホームセンターで購入してきました。カセットガスは差し込むだけですので、他のカセットコンロと変わりません。スムーズに入ります。そして、点火。

火もとても安定して着きした。多孔式バーナーなので、火が短くて怖い感じはしません。火が短いのも、アウトドアで使用するときに風の影響を受けにくいようです。火をつけてみると2重のフチの高さがよく分かります。

寒くなってきて、アウトドアで使う予定がなくなってしまったので、ひとまず自宅で使用してみました。

鍋は4~5人前ぐらいの大きい鍋です。火力ももちらん問題なく、ぐつぐつできました。

家で使用してみて気が付いたことは、タフまる自体が高さがあるのでダイニングテーブルの上で使うと鍋の中身が見えづらいことです。特に大き目の鍋では、見えづらいし中身を取りづらいので、家で鍋をやるときはもともと持っているIHコンロになりそうです。

Iwataniのカセットコンロシリーズは、専用のアクセサリーが豊富なのも魅力です。

焼肉プレート、焼肉グリルをはじめ網焼きや鉄板焼き、たこ焼きプレートまであります。お肉や海鮮をアウトドアで焼いて食べる日がくるのが楽しみです。

アウトドア用品は、電気が止まってしまったりガスが止まってしまったりした災害時にも活躍できるので、都市ガスを利用されている家はカセットコンロを準備されていてもいいと思います。

ケース込重量は約3.9kgを、割とずっしりしますので購入はネット通販がオススメですよ。

つけっぱなしOK!のリトルキディーズのレインカバー購入の感想

保育園や幼稚園へ自転車で送迎している人の強い味方は、子供乗せ用の自転車カバーですね。私の保育園への送迎を毎日自転車を使っています。

以前は、LAKIA(ラキア)というブランドの物を使っていましたが、3年間つけっぱなしにして破れてしまったので新しいものを探していました。LAKIAを使っていて、とても使いやすくて良かったのですが、子供が大きくなってくると頭にカバーが当たってしまい子供がカバーをしめるのを嫌がるようになってしまったので、次は枠がしっかりしていて、頭の上に空間ができるものにしたいと思っていました。

新しく購入したのは、Little Kiddy’s(リトルキディーズ)のレインカバーです。商品名は「リトルキディーズ史上、最強スペック 自転車 チャイルドシート レインカバー 後用ver.3+プラス」です。

商品の写真

実は友人数人が昔のモデルを使っていて、丈夫ですごくいいと言っていたので注目していました。ver.3+プラスは最近発売になったばかりの最新モデルで、商品名にもなっているように最強スペックになっているようです。とてもいいタイミングでした。

自転車屋さんには置いていなかったので、リトルキディーズ楽天市場店で購入しました。価格は税込9,550円と送料が790円でした。

レインカバーとしては、とても高い分類に入る物ですが、枠がしっかりしているレインカバーは1万円を超えるものがほとんどです。高額なものほどせめてポイントが貯められたり、使えたりする楽天市場のような通販は便利です。

注文して2日後には自宅に到着しました。楽天の段ボールが小さかったのでこれに本当に入っているのか不思議でした。
配送の段ボールの写真箱の中身の写真1

中を開けると可愛い顔にくりぬかれた箱が更に入っていて、とても小さくたたまれて送られてきました。説明書と本体、可愛い収納袋が入っていました。
箱の中身の写真2

早速組み立て作業が必要です。ビニール部分が丸まって入っているので伸ばしてファスナーとボタンで、組み立てていきます。

たたまれている写真広げた写真

丁寧にな説明書があるのでが右と左がわかりずらく、組み立てにはかなり手間取りました。自転車側につける部品もあらかじめ準備していきます。

組み立ての写真1組み立ての写真2

固定ボタンの写真1固定ボタンの写真2

20~30分格闘した後、大体の形が完成したので自転車に取り付けました。基本的にボタンのみで固定しているので大体の形まで作れれば、自転車への装着は簡単でした。

装着した写真1装着した写真2

改めて自分の自転車につけてみると、頑丈であるのとかなり大きいなと思いました。子供には全方向視界が開けていて、空間も広いので圧迫感はないだろうなと思いました。

全体の写真

「リトルキディーズ史上、最強スペック 自転車 チャイルドシート レインカバー ver.3+プラス」には、商品ページにも載っていますが12の特徴があります。
・視界が抜群
・広くて自由に動ける
・高さがあるので身長115㎝まで対応
・屋根が全開にできる
・右開きも左開きも可能
・形崩れしない
・冬は温室効果がある
・3段階の高さ調節ができる
・効率的に換気できる
・土砂降りにも耐えられるテフロン使用
・日本製のUVカットビニール使用
・壊れた部分だけスペアパーツを購入できる

こんなにも考え抜かれたレインカバーなので、お値段が高くてもなんとなく納得です。

私も、冬の寒さ対策にもなると期待しています。普段はフロント部分を開けたまま走行していますが、もっと寒くなってきたら閉めて乗せようかと思っています。

開けた状態の写真子供を乗せた写真

少し残念だなと思う点は、足を入れずらい点です。子供に慣れてもらうしかないですね。

そして、このレインカバーを検討されている方で、使用している駐輪場が2段式の方は、自転車の装着している状態でも上の段に当たらないか高さをよく図ってから購入されるといいと思います。友人で前のせ用を購入して、マンションの駐輪場の下段に入らなかったということが実際にありましたので要注意です。

まだ土砂降りの日は使用していませんが、親がレインコートで自転車に乗れるぐらの雨でしたら快適に使えています。もちろん自転車につけっぱなしです。

保育園生活はあと4年あるので、大事に使っていこうと思います。

電気ケトル買い替えました!デロンギ ディスティンタ 電気ケトル

毎日使っていたティファールの電気ケトルが、購入から6年経ち古くなってきたのでデロンギ(Delonghi)の電気ケトルに買い替えました。

たくさんのメーカーから電気ケトルが発売されていますが、購入の条件は1L一気に沸かせるのもで見た目がおしゃれなもの。バルミューダやラッセルホブスもデザインが素敵でしたが、もともとデロンギのコーヒーメーカーを使用していたので、メーカーにしようとデロンギのケトルに決めました。

商品写真

電気屋さんで現物を確認し、ネットショップ「RakutenBic」で購入しました。
「デロンギ Delonghi KBI1200J 電気ケトル ディスティンタコレクション エレガンスブラック [1L]」の価格は、税込7,810円で送料無料でした。

段ボール写真外箱の写真

ケトル正面の写真
色はスタイルコッパー、エレガンスブラック、フューチャーブロンズ、ピュアホワイトの4色あり、長く使うことを考え飽きがこないエレガンスブラックを選びました。

マットで光沢があるブラックがとても大人っぽく、取っ手とふたがデザイン的でコンパクトながら容量が1.0Lと家族にちょうど良いサイズです。

ふたを開けた写真水量メーターの写真

ふたをとると、間口が大きくてお手入れしやすく、水量計は透明の窓になっています。水量計がティファールは本体横にあったのが、取っ手の下にあるので若干見ずらいのが残念です。ただ水量計が横にあるとおしゃれさが半減してしまうかもしません。

スイッチの写真電源裏の写真

電源スイッチは、取っ手の下にあり自動電源オフ、空だき防止機能付きです。電源ベースの底面にコードホルダーがあるので長すぎる場合はくるくる巻いて使用できます。我が家もコンセント近くに置いているので、かなり短くして使っています。

容量は最小200mL~最大1Lで、大き目のコップ1杯200mLが約87秒で沸騰できるそうです。(水温23℃の場合)

8月に購入したのですが、夏場は麦茶を毎日のように作っていたので一回で1L沸かせるのはとても時短になりました。家族の人数が多くなってくると大容量のものが使いやすいですね。

ネットで購入した方のレビューに、沸騰してくるとケトル自体も外側が熱くなると書いてあるものがありましたが、確かに触ると熱くなっています。

大人がお湯を沸かして注ぐ流れの中では、ケトルの本体に触れることはないので熱いとは感じませんが、小さな子供がいる家庭では触れない場所に置くなど気を付けないといけません。

家電を購入する際は、ネットショッピングで購入するとお店で購入するよりも安くなる場合が多いので、購入の際は必ずネットでチェックをしています。

今回購入した「RakutenBic」はビックカメラと楽天が運営する総合家電ショップです。商品数は60万点以上で、当日・翌日配達、時間指定が可能です。

楽天市場のお店で購入すると、楽天スーパーポイントが貯まりますし1ポイント1円として使用が可能ですので、次のお買い物でもお得に買えますよ。

キッチンに出しっぱなしになるケトルなので、デザインと容量にこだわり満足な買い物ができました。

夏休みにむけて「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」を購入

いよいよ夏休みシーズン到来ですね。梅雨が長かったものの、やっと真夏の気配を感じる気温になってきました。

子供達からかき氷を家で食べたいとリクエストがでてきたので、株式会社ドウシシャから発売されている「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」をコジマ電気が運営しているコジマネットで購入しました。

Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器は、とろとろふわふわの台湾風かき氷が自宅で簡単に作れるのが特徴です。

手動のかき氷器も昨年購入したのですが、粒が粗目のかき氷しかできず回す手も疲れるので、次は絶対に電動がいいと思っていました。

注文後2日で自宅に到着しました。

箱の写真

中は、本体と説明書、レシピ集、製氷カップ2種類です。

箱の正面の写真かき氷器本体の写真
説明書とレシピ集製氷カップ2種類

製氷カップ2種類はMサイズとハーフカップが2セット(4個)ついてきているので、普通のかき氷だけでなくジュースを凍らせたかき氷が楽しむことができるそうです。
まずは、通常のかき氷の挑戦しました。

かき氷機上から見た写真

本体の真ん中から上を外し、インナーリングの中に製氷カップで作った氷を入れます。上から本体をしっかり押せえつけてセットし、スイッチを押します。

作業中の写真

刃の高さ調整ネジがあるので、お好み氷の削れ具合を調整することができます。

かき氷器下からの写真

初めは、刃の高さ調整を「細かく」にしすぎていてなかなか氷がでてきませんでした。スイッチを押した状態で刃の高さ調整のネジを「粗く」に少し回すと出始めました。

いったん出始めると、ふわふわの氷がどんどんできてきて、あっという間に器いっぱいになりました。

シロップは、スーパーで購入しておいた明治屋のあまおうが味わえるいちごシロップです。

シロップかけた写真

食べた感想は、手動のかき氷器で作ったかき氷とは全く違う細かい氷で、舌溶けもすごいよくてとても美味しかったです。子供達も大喜びでした。非常に細かくて溶けやすいので、みんなあっという間に食べ終わってしまいました。

そこで、もっと食べたいという子供たちのためにバナナ豆乳を凍らせたものも削ってみました。
豆乳氷の写真豆乳氷の写真2

豆乳氷の写真3

糖度が高い液体は、完全にカチカチには凍らないようで、バナナ豆乳は削るとしゃりしゃりした感じになりました。こちらは、もともとがとても甘いので、そのままで食べたのですが、すごくおいしかったです。すごく甘いけれど、凍らせているのでさっぱりと食べれました。

レシピ集には、ジュースや生のフルーツを使った本格的スイーツかき氷も紹介されているので、参考にしながら今後も楽しんでいきたいと思います。

「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」の価格は、税込3,713円です。コジマネットでは通常、1回のお会計につき合計5,000円以上で送料無料で、5,000円未満の場合は全国一律税込540円がかかりますが、現在キャンペーン中につき、購入金額の合計3,000円以上で送料無料となります。

暑い季節に自宅で簡単にふわふわのかき氷が食べれるので、「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」おすすめです。

1 2 3