Archive of ‘【女性ライター】HACCI’ category

家でもアウトドアにも防災にも!「Iwatani(イワタニ)カセットフータフまる」を購入

昨年の秋からアウトドア用品を少しずつ買い集めていたのですが、火を使うとき小さい子供がいるので炭を使うものは少し怖いと思っており、いざという時にも役に立つカセットコンロを探していました。そして、去年の11月に「Iwatani(イワタニ)カセットフータフまる」を購入しました。

数あるカセットコンロの中でも、タフまるは「耐荷重20kg・ダッチオーブンOK・風に強くアウトドアクッキングをとことん楽しむカセットこんろ」として販売しています。さらに持ち運びに便利な専用のキャリーケース付きですので、いちいちケースを買う必要もありません。

ネットで商品代と送料を含めて安いお店を探し、早速購入しました。購入したお店は「総合ネット通販!タンタンショップ」で、価格は税込5,800円でした。送料無料です。メーカー小売価格は10,000円なので、ネットで探されるとかなりお得に購入できますよ。

段ボール写真商品パッケージ写真

商品が自宅に到着。大き目の段ボールに入っています。中は、キャリーケースに説明が書かれたパッケージです。

パッケージ後ろ写真キャリーケースの写真

このキャリーケースも、ゴツさがたまらないデザインでまるで工具入れのようで安心感があります。

中身の写真

カセットコンロ自体のデザインも真っ黒にIwataniの白いロゴが映え、とてもごつくておしゃれな雰囲気です。

火が付くバーナーの周りに高めのフチがあるため、外で使う時に風で火が消えてしまうのを防ぐことができます。そして、耐荷重20KgまでOKなので、重たいダッチオーブンも使用できるようです。コンロを支える台の部分も熱に強い素材が使われていて、安定感があります。

ガスを入れる部分

使用ガスはイワタニカセットガスをホームセンターで購入してきました。カセットガスは差し込むだけですので、他のカセットコンロと変わりません。スムーズに入ります。そして、点火。

火もとても安定して着きした。多孔式バーナーなので、火が短くて怖い感じはしません。火が短いのも、アウトドアで使用するときに風の影響を受けにくいようです。火をつけてみると2重のフチの高さがよく分かります。

寒くなってきて、アウトドアで使う予定がなくなってしまったので、ひとまず自宅で使用してみました。

鍋は4~5人前ぐらいの大きい鍋です。火力ももちらん問題なく、ぐつぐつできました。

家で使用してみて気が付いたことは、タフまる自体が高さがあるのでダイニングテーブルの上で使うと鍋の中身が見えづらいことです。特に大き目の鍋では、見えづらいし中身を取りづらいので、家で鍋をやるときはもともと持っているIHコンロになりそうです。

Iwataniのカセットコンロシリーズは、専用のアクセサリーが豊富なのも魅力です。

焼肉プレート、焼肉グリルをはじめ網焼きや鉄板焼き、たこ焼きプレートまであります。お肉や海鮮をアウトドアで焼いて食べる日がくるのが楽しみです。

アウトドア用品は、電気が止まってしまったりガスが止まってしまったりした災害時にも活躍できるので、都市ガスを利用されている家はカセットコンロを準備されていてもいいと思います。

ケース込重量は約3.9kgを、割とずっしりしますので購入はネット通販がオススメですよ。

つけっぱなしOK!のリトルキディーズのレインカバー購入の感想

保育園や幼稚園へ自転車で送迎している人の強い味方は、子供乗せ用の自転車カバーですね。私の保育園への送迎を毎日自転車を使っています。

以前は、LAKIA(ラキア)というブランドの物を使っていましたが、3年間つけっぱなしにして破れてしまったので新しいものを探していました。LAKIAを使っていて、とても使いやすくて良かったのですが、子供が大きくなってくると頭にカバーが当たってしまい子供がカバーをしめるのを嫌がるようになってしまったので、次は枠がしっかりしていて、頭の上に空間ができるものにしたいと思っていました。

新しく購入したのは、Little Kiddy’s(リトルキディーズ)のレインカバーです。商品名は「リトルキディーズ史上、最強スペック 自転車 チャイルドシート レインカバー 後用ver.3+プラス」です。

商品の写真

実は友人数人が昔のモデルを使っていて、丈夫ですごくいいと言っていたので注目していました。ver.3+プラスは最近発売になったばかりの最新モデルで、商品名にもなっているように最強スペックになっているようです。とてもいいタイミングでした。

自転車屋さんには置いていなかったので、リトルキディーズ楽天市場店で購入しました。価格は税込9,550円と送料が790円でした。

レインカバーとしては、とても高い分類に入る物ですが、枠がしっかりしているレインカバーは1万円を超えるものがほとんどです。高額なものほどせめてポイントが貯められたり、使えたりする楽天市場のような通販は便利です。

注文して2日後には自宅に到着しました。楽天の段ボールが小さかったのでこれに本当に入っているのか不思議でした。
配送の段ボールの写真箱の中身の写真1

中を開けると可愛い顔にくりぬかれた箱が更に入っていて、とても小さくたたまれて送られてきました。説明書と本体、可愛い収納袋が入っていました。
箱の中身の写真2

早速組み立て作業が必要です。ビニール部分が丸まって入っているので伸ばしてファスナーとボタンで、組み立てていきます。

たたまれている写真広げた写真

丁寧にな説明書があるのでが右と左がわかりずらく、組み立てにはかなり手間取りました。自転車側につける部品もあらかじめ準備していきます。

組み立ての写真1組み立ての写真2

固定ボタンの写真1固定ボタンの写真2

20~30分格闘した後、大体の形が完成したので自転車に取り付けました。基本的にボタンのみで固定しているので大体の形まで作れれば、自転車への装着は簡単でした。

装着した写真1装着した写真2

改めて自分の自転車につけてみると、頑丈であるのとかなり大きいなと思いました。子供には全方向視界が開けていて、空間も広いので圧迫感はないだろうなと思いました。

全体の写真

「リトルキディーズ史上、最強スペック 自転車 チャイルドシート レインカバー ver.3+プラス」には、商品ページにも載っていますが12の特徴があります。
・視界が抜群
・広くて自由に動ける
・高さがあるので身長115㎝まで対応
・屋根が全開にできる
・右開きも左開きも可能
・形崩れしない
・冬は温室効果がある
・3段階の高さ調節ができる
・効率的に換気できる
・土砂降りにも耐えられるテフロン使用
・日本製のUVカットビニール使用
・壊れた部分だけスペアパーツを購入できる

こんなにも考え抜かれたレインカバーなので、お値段が高くてもなんとなく納得です。

私も、冬の寒さ対策にもなると期待しています。普段はフロント部分を開けたまま走行していますが、もっと寒くなってきたら閉めて乗せようかと思っています。

開けた状態の写真子供を乗せた写真

少し残念だなと思う点は、足を入れずらい点です。子供に慣れてもらうしかないですね。

そして、このレインカバーを検討されている方で、使用している駐輪場が2段式の方は、自転車の装着している状態でも上の段に当たらないか高さをよく図ってから購入されるといいと思います。友人で前のせ用を購入して、マンションの駐輪場の下段に入らなかったということが実際にありましたので要注意です。

まだ土砂降りの日は使用していませんが、親がレインコートで自転車に乗れるぐらの雨でしたら快適に使えています。もちろん自転車につけっぱなしです。

保育園生活はあと4年あるので、大事に使っていこうと思います。

電気ケトル買い替えました!デロンギ ディスティンタ 電気ケトル

毎日使っていたティファールの電気ケトルが、購入から6年経ち古くなってきたのでデロンギ(Delonghi)の電気ケトルに買い替えました。

たくさんのメーカーから電気ケトルが発売されていますが、購入の条件は1L一気に沸かせるのもで見た目がおしゃれなもの。バルミューダやラッセルホブスもデザインが素敵でしたが、もともとデロンギのコーヒーメーカーを使用していたので、メーカーにしようとデロンギのケトルに決めました。

商品写真

電気屋さんで現物を確認し、ネットショップ「RakutenBic」で購入しました。
「デロンギ Delonghi KBI1200J 電気ケトル ディスティンタコレクション エレガンスブラック [1L]」の価格は、税込7,810円で送料無料でした。

段ボール写真外箱の写真

ケトル正面の写真
色はスタイルコッパー、エレガンスブラック、フューチャーブロンズ、ピュアホワイトの4色あり、長く使うことを考え飽きがこないエレガンスブラックを選びました。

マットで光沢があるブラックがとても大人っぽく、取っ手とふたがデザイン的でコンパクトながら容量が1.0Lと家族にちょうど良いサイズです。

ふたを開けた写真水量メーターの写真

ふたをとると、間口が大きくてお手入れしやすく、水量計は透明の窓になっています。水量計がティファールは本体横にあったのが、取っ手の下にあるので若干見ずらいのが残念です。ただ水量計が横にあるとおしゃれさが半減してしまうかもしません。

スイッチの写真電源裏の写真

電源スイッチは、取っ手の下にあり自動電源オフ、空だき防止機能付きです。電源ベースの底面にコードホルダーがあるので長すぎる場合はくるくる巻いて使用できます。我が家もコンセント近くに置いているので、かなり短くして使っています。

容量は最小200mL~最大1Lで、大き目のコップ1杯200mLが約87秒で沸騰できるそうです。(水温23℃の場合)

8月に購入したのですが、夏場は麦茶を毎日のように作っていたので一回で1L沸かせるのはとても時短になりました。家族の人数が多くなってくると大容量のものが使いやすいですね。

ネットで購入した方のレビューに、沸騰してくるとケトル自体も外側が熱くなると書いてあるものがありましたが、確かに触ると熱くなっています。

大人がお湯を沸かして注ぐ流れの中では、ケトルの本体に触れることはないので熱いとは感じませんが、小さな子供がいる家庭では触れない場所に置くなど気を付けないといけません。

家電を購入する際は、ネットショッピングで購入するとお店で購入するよりも安くなる場合が多いので、購入の際は必ずネットでチェックをしています。

今回購入した「RakutenBic」はビックカメラと楽天が運営する総合家電ショップです。商品数は60万点以上で、当日・翌日配達、時間指定が可能です。

楽天市場のお店で購入すると、楽天スーパーポイントが貯まりますし1ポイント1円として使用が可能ですので、次のお買い物でもお得に買えますよ。

キッチンに出しっぱなしになるケトルなので、デザインと容量にこだわり満足な買い物ができました。

夏休みにむけて「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」を購入

いよいよ夏休みシーズン到来ですね。梅雨が長かったものの、やっと真夏の気配を感じる気温になってきました。

子供達からかき氷を家で食べたいとリクエストがでてきたので、株式会社ドウシシャから発売されている「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」をコジマ電気が運営しているコジマネットで購入しました。

Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器は、とろとろふわふわの台湾風かき氷が自宅で簡単に作れるのが特徴です。

手動のかき氷器も昨年購入したのですが、粒が粗目のかき氷しかできず回す手も疲れるので、次は絶対に電動がいいと思っていました。

注文後2日で自宅に到着しました。

箱の写真

中は、本体と説明書、レシピ集、製氷カップ2種類です。

箱の正面の写真かき氷器本体の写真
説明書とレシピ集製氷カップ2種類

製氷カップ2種類はMサイズとハーフカップが2セット(4個)ついてきているので、普通のかき氷だけでなくジュースを凍らせたかき氷が楽しむことができるそうです。
まずは、通常のかき氷の挑戦しました。

かき氷機上から見た写真

本体の真ん中から上を外し、インナーリングの中に製氷カップで作った氷を入れます。上から本体をしっかり押せえつけてセットし、スイッチを押します。

作業中の写真

刃の高さ調整ネジがあるので、お好み氷の削れ具合を調整することができます。

かき氷器下からの写真

初めは、刃の高さ調整を「細かく」にしすぎていてなかなか氷がでてきませんでした。スイッチを押した状態で刃の高さ調整のネジを「粗く」に少し回すと出始めました。

いったん出始めると、ふわふわの氷がどんどんできてきて、あっという間に器いっぱいになりました。

シロップは、スーパーで購入しておいた明治屋のあまおうが味わえるいちごシロップです。

シロップかけた写真

食べた感想は、手動のかき氷器で作ったかき氷とは全く違う細かい氷で、舌溶けもすごいよくてとても美味しかったです。子供達も大喜びでした。非常に細かくて溶けやすいので、みんなあっという間に食べ終わってしまいました。

そこで、もっと食べたいという子供たちのためにバナナ豆乳を凍らせたものも削ってみました。
豆乳氷の写真豆乳氷の写真2

豆乳氷の写真3

糖度が高い液体は、完全にカチカチには凍らないようで、バナナ豆乳は削るとしゃりしゃりした感じになりました。こちらは、もともとがとても甘いので、そのままで食べたのですが、すごくおいしかったです。すごく甘いけれど、凍らせているのでさっぱりと食べれました。

レシピ集には、ジュースや生のフルーツを使った本格的スイーツかき氷も紹介されているので、参考にしながら今後も楽しんでいきたいと思います。

「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」の価格は、税込3,713円です。コジマネットでは通常、1回のお会計につき合計5,000円以上で送料無料で、5,000円未満の場合は全国一律税込540円がかかりますが、現在キャンペーン中につき、購入金額の合計3,000円以上で送料無料となります。

暑い季節に自宅で簡単にふわふわのかき氷が食べれるので、「Otona電動ふわふわとろ雪かき氷器」おすすめです。

おしゃれなKEYUCA(ケユカ) の「ステンレス木目調物干し」を購入しました

先日、関東地方も梅雨入りし洗濯物が憂鬱な時期になってきましたね。以前購入した、物干しスタンドはベランダで使用していた時に風で倒れてしまい壊れてしまったので、新しい物を探していました。

インテリアショップのKEYUCA(ケユカ) は、Simple & Naturalをテーマとして家具やカーテンから生活雑貨、食器などの扱っていて、私の好きなお店です。

近所にも実店舗があり、そこで実物をみてこの「AST ステンレス木目調物干し」を一目で気に入り購入を決めました。

ただ、店舗から持ち帰るには大きすぎるのでKEYUCA(ケユカ)の楽天市場店で購入しました。注文から5日で自宅に到着。段ボールは大きいのですが、とても軽いことにビックリしました。

物干しスタンド箱の写真

専用の段ボールのため、持ち手もちゃんとついているので店舗から持ち帰るのも可能だと思います。折りたたまれて入っているので、段ボールはとても薄くコンパクトになっています。

物干しスタンドの箱の取っ手段ボールの中の様子

段ボールから出してみるとビニールの入っていて、お店からの注意事項が載った紙と取り扱い説明書が入っていました。

早速組み立ててみました。

物干しスタンドを出した写真ひっかけるフックの写真

物干しスタンド写真

脚の部分を広げて、支柱を使って横のバーを固定します。とても簡単なので、畳んでしまっておいてもすぐに出して使えると思いました。

使用時のサイズは、W136×D51×H95㎝です。説明書には、折り畳み時9㎝と書いてありましたが実際に折りたたみ時の厚み測ると約7㎝で、すごい薄型になります。

物干しスタンドの厚み物干しスタンド置き場

私は、部屋干しするときにすべての洗濯物を干せるように買ったのではなく、タオルや浴室乾燥用のバーに干しきれないとき用に購入しました。実際に干してみると、横幅がバスタオルが広げきれないことが判明しました。

洗濯物干した様子の写真タオルの写真

少しクシュクシュとなってしまっています。購入時、タオルの幅までは調べていなかったので残念なポイントでした。

しかし、物干し自体はとてもコンパクトで軽量なので、持ち運びしやすく家の様々な場所へ運ぶのが苦になりません。天気のいい日は、1階のウッドデッキに設置して洗濯物を干してみましたが、木目調でおしゃれなので雰囲気を壊しません。

外に干したときの写真

使い始めて約1ケ月経った感想としては、どこの部屋にも持ち運べて、使わないときは薄型コンパクトに収納でき、他の室内用物干しに比べておしゃれなので、購入してとてもよかったと思っています。バスタオルは、一番外側のバーにかければクシュクシュにならなかったので、干し方を工夫すれば大丈夫なのことが分かりました。

店舗で購入以外ですと、KEYUCA(ケユカ)公式通販サイトかKEYUCA(ケユカ)楽天市場店で購入できます。「AST ステンレス木目調物干し」は税込 4,644円で、送料は540円です。(届け先に地域によって送料が異なります)1回の注文金額が税込10,000円以上で送料無料になります。

支払い方法は、カード払い、銀行振り込み、コンビニ決済(前払)、代金引換から選べます。楽天市場では、楽天スーパーポイントも付きますし、貯まったポイントで値引きができるので、店舗で購入するよりお得に買えることがありますのでおすすめです。

部屋の雰囲気を壊さず室内干しがしたい方や持ち運びしやすい物干しが欲しい方には、KEYUCA(ケユカ)「AST ステンレス木目調物干し」を検討されてもいいと思います。

レインブーツは折りたためるとすごく便利「モントレーたためるレインブーツFit Packa!(フィットパッカ)」

6月に入りもうじき梅雨入りが予想される6月上旬に「モントレーたためるレインブーツFit Packa!(フィットパッカ)収納袋付き」を購入しました!この商品、実はレインブーツを探しているときに自宅近くのホームセンターで売られているのを発見し、目をつけていたものです。ホームセンターでの価格は、税込5,980円でした。

レインブーツ玄関の写真

もっと安く買えるところはないかと、ネットで検索したところ楽天市場のFootoCurtで税4,980円で売っていました!送料は、530円かかってしまいましたが、合計で5,510円なので470円もお得です。

こちらのお店は、5,000円以上購入すると送料が無料となります。ネット通販では天気予報で雨が続きそうだな、と思ったときに急に欲しくなってもすぐに発送してもらえるので便利です。長いタイプのレインブーツはお店から持ち帰るのも大変ですよね。

実際に届いたときも、大きな包みで届きました。配達は佐川急便でした。

商品到着の写真商品箱の写真

箱の中を開けて開けてみると、レインブーツと収納袋が入っています。

箱を開けた写真

レインブーツの写真タグの写真

このレインブーツの最大の特徴は、折りたためて小さくなり収納袋に入るという点です。商品のタグには「折りたたみ傘みたいにたためる長靴」と書いてあります。雨も一日中降ってくれていればいいのですが、朝は降って夕方は晴れているということも多いですよね。レインブーツだと蒸れるし履いているのもちょっと恥ずかしい時もあります。

畳んだ状態の写真袋に入れた写真

また、働いている方はオフィスはレインブーツNGというところも多いと思います。そんなときは、たたんでデスクやロッカーにしまっておければすごく便利ですよね。私も職場の下駄箱が高さがないので、たたまないと入れることすらできません。

自宅の下駄箱も、レインブーツをそのまま入れて置けるスペースが残っていなかったので、たためて収納して置けるのでとても便利です。このレインブーツは、たためるほど柔らかいのですが自立もできるので、くたっとしてしまうレインブーツとは違ってお友達の家にお邪魔したときにも玄関先で邪魔になりませんでした。

友達からもどこで買ったか教えて~!と評判でした。人気のハンターのレインブーツも素敵ですが「モントレーたためるレインブーツFit Packa!」は、高い機能性とお手頃なお値段なので、おすすめですよ。

履き心地は、筒回りが細目ですのでブーツインや少しゆとりが欲しい方は、大き目を選ばれるといいと思います。私の実際の靴のサイズは23.5㎝が中心ですが、Lサイズを購入しました。Lサイズは24㎝~25㎝相当です。さすがにサイズ的には、ゆるいぐらいなのですが中敷きを入れて靴下を履いて履けば歩くのには支障ありません。

サイズ展開は、S(22.5~23cm)、M(23.5~24cm)、L(24.5~25cm)の3種類です。

見た目はとてもシンプルで無地のブラックに、前に「MONTRRE」をロゴが書いてあります。すっきりとした印象になりますので、コーディネートしやすいですね。手持ちのチェックのレインコートにもぴったりでした。

レインコートとの写真

ラバー素材なので、もちろん水弾き良好です。

外での写真2

「モントレーたためるレインブーツFit Packa!」は、楽天市場のFootoCurtで購入しました。FootoCurtは、レディースの履物も専門店です。支払方法はカード払い、楽天バンク決済、代引き、Alipay、UnionPayから選べます。

購入から約1ヶ月経ちましたが、今年は梅雨なのに雨の日が少なく出番はまだ3回ほど。台風の時期には大活躍間違いなし!の予定です。

JAタウンで新潟コシヒカリ10kgをお取り寄せしました

スーパーで購入すると持って帰るのが重たくてつらいお米。毎日消費するものなので5㎏買っておいたのにすぐに無くなってしまいますね。私の家でも旦那さんがたくさん食べるうえに息子と私がお昼にお弁当持っていくので、毎日3合ずつ消費しています。

お米3合で約450gなので、約11日で5㎏なくなる計算です。1か月に2~3回スーパーからお米を買って帰るのは、とても大変です。働く女性はより大変だと思います。今回初めてお米のお取り寄せをしてみましたので、感想をご紹介します。

段ボール開封の写真1

お米をお取り寄せした通販サイトは「JAタウン」です。JAタウンは全国約100ショップのJA等から各地の農畜産物・名産品をお取り寄せできるグルメ通販ショップで、取扱い商品は果物、野菜をはじめお米、お肉、水産物、スイーツや加工食品に至るまで、あらゆる食材が豊富に取り揃えられています。

旦那さんが新潟出身なこともあり、普段から新潟産コシヒカリを購入していたので今回も同じ新潟産コシヒカリを選びました。少しでも故郷に貢献です!注文した「新潟県産コシヒカリ5㎏×2袋 平成28年産【カーボンオフセット付】」は、28年産米で税込み4,980円です。

注文後4日で商品が到着しました。ダンボールに新潟産コシヒカリ5㎏が2袋ぴったり入っていました。10㎏はかなり重たいですよね。ネット注文でなければ10㎏まとめ買いはできません。

お米到着の写真段ボール開封の写真1

袋の右下に精米した日にちが書いてあるのですが、17.5.12と書いてあるのがわかります。精米したてを発送してくれてます。お米は、精米したてがおいしいですよね。鮮度が高いのが嬉しいです。

お米正面の写真

裏にはお米の保存方法と炊き方についての説明が書かれています。

お米の説明の写真

おいしい炊き方については改めて知ることができますね。なんとなく炊いていた方は、とても参考になりますよ。

炊き立てご飯の写真

ツヤと粘りが強く、お米の「甘み」を感じられるのが新潟産コシヒカリの特徴だと言われていて、米どころならではのおいしいお米だと思います。日本一長い信濃川や阿賀野川をはじめ、たくさんの川が上流から栄養分を含んだ肥えた土と豊かな水でお米が育つのにバッチリな環境です。

ゴールデンウィークごろに帰省するとあちこちの田んぼで稲を植えている姿を見ることができます。

今回注文した「新潟県産コシヒカリ5㎏×2袋 平成28年産【カーボンオフセット付】」は、カーボンオフセット付きとなっています。クリーンエネルギー事業などのCO2削減プロジェクトを資金的に支援することで、 自身の排出量を相殺することを「カーボンオフセット」と言うそうです。

カーボンオフセット付お米は、1袋につきCO2削減1㎏分の支援金が含まれていているので、2袋でCO2 2㎏の削減に貢献したことになります。そしてパールライス新潟精米工場は、太陽光発電を導入していて環境にやさしいクリーンなエネルギーを使用していて環境に優しい会社でもあります。

おいしいお米を手軽にお取り寄せしながら、ちょっといいことをした気分になりますね。

最近、道の駅では野菜の直売所が設置され多くのお客さんであふれている様子をテレビなどでみかけますが、家の近くには直売所がない方も多いと思います。私のように重たいお米を通販で取り寄せしたい人や旬の野菜や産直の物を食べたい方におすすめなのが、「JAタウン」です。

全国各地の農協(JA)や生産者が旬の農畜産物・特産品を出品していますので、安心安全で新鮮なものが購入できます。全国のお米が簡単に注文可能です。今回、簡単に10㎏の精米したてのお米がお取り寄せできて、改めて便利さを実感しました。

「JAタウン」の支払方法は、通常商品・予約商品はカード払い、コンビニ払い、ATM決済、インターネットバンキング、GMO後払い決済、代引き、ギフトカード決済から選べ、頒布会・定期購入はカード払い、代引きから選べます。

送料は、商品、および販売ショップによって異なり各ショップの「送料」ページから確認することになります。近距離圏内であれば通常便25kg・クール便15kgまでは無料となっているショップが多いです。今回は送料無料でした。またクール便については、大きさ、重さにより別途税抜200円~税抜600円の代金がかかりますのでご注意ください。

無料の会員登録を済ませると、注文金額100円につき1ポイント貯まり、1回のお買い物で、100ポイント(1ポイント=1円)以上、1ポイント単位で利用できます。

通常配送だけでなく、化粧箱に入ったものやのしをつけることもできるので自宅用だけでなく、お世話になった方への贈り物を選ぶときにも利用できるので便利ですよ。

人気の化粧下地「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV」を使った感想

今まで使っていた化粧下地がなくなったのを機に、気になっていた資生堂「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV」を購入しました。雑誌やネットの口コミを良かったので、次はこれにしてみようと思っていた商品です。

初めて使う化粧品は一度試したい性格だったので、ドラックストアの資生堂のコーナーへ。さっそくお目当ての「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV」を眺めていると、資生堂のビューティコンサルタント(販売員)の方が詳しく説明してくれました。

化粧下地の中でとても人気のある商品で、カバー力も高くメイクくずれ防止下地として13時間も化粧もちがするそうです。コスメの口コミサイトとして人気のアットコスメでも、2016年上半期新作の化粧下地部門で1位を獲得している商品です。

箱の写真

とにかくTゾーンの化粧くずれが気になっていたので、それを相談したところ、今年の2月21日に出た新商品の毛穴・テカりを補正する部分用ベース「フラットチェンジベース」が、毛穴・凹凸・テカリが気になる人におすすめということでした。

店頭の写真

特に鼻の毛の開きが気になっていたので、店頭に設置されていた「フラットチェンジベース」が毛穴を1枚半透明のフィルターをかけてぼやかしてくれているような写真に興味がでました。みかんの皮がお肌の凸凹を表しているみたいです。

ドラマティックスキンセンサーベースUVと一緒に使うと更に化粧くずれ防止効果がアップするそうです。これからテカリが更に気になる時期になるので、思い切って両方購入ました。

商品正面の写真

ドラマティックスキンセンサーベースUVは、容器がとても可愛らしくフタ部分がキラキラ輝くデザインになっています。女性はテンション上がりますよね。オールシーズン使えてSPF25・PA+++なので、肌の水分バランスと皮脂をコントロールしながらUVケアができちゃいます。価格は、税込2,808円で、容量は25mLで約2か月分です。

下地の写真

SPF25・PA+++は、日焼け止めを塗るシーズンの前、春や初夏にうっかり日焼けを防ぐのにも効果的です。手に乗せたところ、うっすらピンク色の乳白色でした。伸びがとてもよくて、薄づきながらもしっかりカバーできている感じします。

手の写真1手の写真2

フラットチェンジベースも、オールシーズン使えSPF15・PA++で、毛穴を透明感が高い状態でフラットな状態に整えてくれる部分用化粧下地として使え、夕方崩れてしまったTゾーンの化粧の上から塗り、パウダーを重ねるときれいに化粧直しができるそうです。価格は、税込2,700円で容量は6gです。

商品写真2

手にとった感じは、結構固めなので、指に乗せて気になる部分に乗せていく感じです。実際、Tゾーンに使用したところ、本当に1枚半透明のフィルターがかかったような、毛穴もフラットな感じになりました。お肌の凹凸が気になっている人に、本当に良さそうです。

2週間ほど実際に化粧下地として使用したところ、ファンデーションは変えていないのに肌がワントーン明るくなった気がします。夕方の化粧くずれも、全くくずれないとは言えませんが、くずれ方が少なくなり化粧直しがしやすくなりました。

何よりも、下地でキレイにカバーされるので、ファンデーションの量が少なくて大丈夫になりました。お肌の負担が減って、うれしい効果です。

ドラックストアの購入したので、マキアージュのドラマティックパウダリーとHAKUという美白化粧水と乳液のサンプル、バスボムをもらえました。HAKUは高くてなかなか手が出ない商品でしたので、サンプルもらえてうれしかったです。

サンプルの写真

近くに大型ドラックストアがなかったり、忙しくて買いに行けないという方には、資生堂オンラインショップの「ワタシプラス」がおすすめです。マキアージュすべての商品が購入できますし税込5,400円以上購入すると送料無料となります。5,400円未満の場合送料は、全国一律 税込432円です。3月31日23:59までは、送料無料キャンペーンを行ってますよ。

「ワタシプラス」で注文した場合、最短翌日の午前中に届きます。化粧品やスキンケア商品で、もうすぐ無くなりそうなのに買い忘れた!という場合、オンラインショップが心強いですね。

混雑日のチケットも楽々ゲット!ディズニーシーに行ってきました(後編)

混雑日のチケットも楽々ゲット!ディズニーシーに行ってきました(前編)」の記事の続きです。

ビッグバンドビートに奇跡的に抽選に当選し、指定の時間にミュージックシアター会場に行って更にビックリするのですが、なんと前から4列目のど真ん中の席でした。ミッキーやミニーたちもすぐそばで見ることができます。
ライブチケットの写真

私のチェックミスだったのですが、入場開始が14:50、開演が15:15、小さく注意事項に「開演15分前までに入場ください」と書いてあったのです。ほかのアトラクションに行っていて開演時間のものすごくギリギリに走って到着し、とても焦りました。

当選された場合は、時間に余裕を持って入場されることをおすすめします。開演してしまうと、客席は暗くなってしまう関係で入場できなくなるそうです。

内容は、大人向けのレビューショーですので小さな子供連れよりも、小学生以上やカップルに最適なショーだと思います。息子は、ミッキーが出ていない場面は飽きてしまってステージに背を向けて、遊んでいました。すごくもったいない話です。

私と主人は、ミッキー達のパフォーマンスをとてもきれいな会場で、座りながら間近で楽しめるまたとないチャンスに興奮して見ていました。写真撮影はNGでしたので、撮影はできませんでしたがとにかく完成度の高いステージでした。

ミッキーはタップダンスもドラムパフォーマンスもすばらしく感動です。会場の手拍子をそろっていたので、好きな人は何回も見ているんだろうなという雰囲気でした。空いている日は、抽選じゃない場合もあるそうです。

今回乗ったアトラクションは、エレクトリックレールウェイ、タートルトーク、海底2万マイル、マーメイドラグーンシアター、トランジットスチーマーライン、キャラバンカルーセルと少な目でしたが、東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”記念ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」を見たり、ビッグバンドビートを見たりと、ミッキーを見ることもできたので満足感は十分でした。

昼のショー2

今回も昼頃に入園ゲート付近で、ミッキーやミニー、グーフィやデイジーなどたくさんのキャラクターが出てきていて、写真が撮れました。小さな子供連れですと、整理券が配られるミッキーとミニー以外は簡単に一緒に写真をとることができます。夢の国は子供優先が徹底されているようです。

プルートが近寄ってきてくれましたが、残念ながら息子は熟睡中でした。

プルート写真グーフィの写真

ミニーピノキオを狼の写真

夕飯は来園する日を変えてしまったせいで、レストランの予約ができなかったので17時前から座れそうなお店を探しました。ロストリバーデルタにある「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」というメキシコ料理のお店がすぐ座ることがました。タコスやトルティーヤを楽しめるお店です。

夕ご飯の写真
ディスニーシーはアルコールが飲めるので、大人には嬉しいパークです。ビールをいただきました。

18時には、真っ暗になってとても冷えてきましたので、夜のショーは見ずに退散しました。家には20時についたので、疲れも残らずクリスマスの楽しい思い出が残りました。

帰りの写真

混雑が予想される日でも、eチケットにてあらかじめ日にち指定チケットを取り、できればレストランの予約をしてパークに向かえば、混雑していても子連れで十分に楽しむことができます。あれもこれもと詰め込みすぎないのが、ディズニーを楽しむコツではないでしょうか。

混雑日のチケットも楽々ゲット!ディズニーシーに行ってきました(前編)

昨年の12月25日(日)クリスマス当日に2才の息子を連れてディズニーシーに行ってきました。近場でリゾート感を存分に味わえるのはやはりディズニーリゾートですね。

大人になってから頻繁に行くことはなくなっていましたが、前回3月に子連れでディズニーランドに行って、すっかりはまってしまいました。

マジックキングダムのサービスがなくなってしまったので、割引でパスポートを購入できなくなりましたのでやはりネットでチケットが手に入るeチケットがおすすめです。2016年10月から混雑が予想される週末や祝日は、日付指定チケットを持っていないと入園できないシステムとなりました。

ディズニーストアなどでチケットを購入してしまうと、万が一行こうと思っていた時に雨が降ったり体調が悪くて行けないときに、別の日に日にちをずらすのには手数料が200円かかってしまいます。

しかし、ディズニーeチケットでしたら無料で何回でも変更が可能なんです。子連れで行く方は特にeチケットで購入されることをおすすめします。領収書を発行可能です。
eチケット写真

チケットはA4サイズの紙に、自宅のプリンターで印刷します。日にち指定を変更した場合は、再度印刷しなおすだけでOKです。私も実は12月10日に行くつもりでしたが、旦那さんの体調不良でクリスマスに日にちを変更しました。

前日から、前回もディズニーランドに持っていって大変役に立った「子どもと楽しむ東京ディズニーリゾート」というガイドで予習を行いました。
ディズニーガイド本
この本は、各アトラクションの身長制限、年齢制限などが一目でわかり、明るめの雰囲気なのか暗い雰囲気なのかも書いてあります。小さな子供は暗い場所を怖がったりしますので、あらかじめ分かっていると安心ですね。ショーの見やすい場所やレストランの子供メニューも写真付きで掲載されています。

ディズニーシーは、舞浜駅からディズニーリゾートラインに乗って行きます。リゾートラインの乗り場はイクスピアリの建物のすぐ横にあります。

駅の中は早くのパーク内のようなミッキーのオブジェがあり、気分を盛り上げてくれます。もちろんリゾートラインはミッキーの形の窓やサンタの帽子をかぶせてあるつり革など、テンションが上がるものがいっぱいでした。
ドリームライン駅ドリームラインの写真

12月25日は2日前にサイトをチェックしたところ、日付指定チケットが完売となる大変混雑が予想される日でした。8時半ごろ入場口につき、かなりの人が並んでいましたが15分ぐらいで中に入ることができました。あらかじめチケットを購入していると入園もスムーズです。

ディズニーシーは15周年を迎え、あちらこちらに15周年を祝うフラッグがありました。そしてクリスマス装飾もとてもステキで、この雰囲気を味わうだけでもクリスマスにディズニーに来たかいがあります。
ディズニーシー入口の写真

今回は曇りで気温も最高10度という天気予報でしたので、なるべく並ぶことなく温かい場所で楽しもうという作戦でした。

2才の息子は電車好きですのでエレクトリックレールウェイは外せないので、まず1番に乗りに行きました。旦那さんは、マーメイドラグーンシアターのファストパスを取るべく、2手に分かれて現地集合です。エレクトリックレールウェイは、ベビーカーも一緒に乗せることができますので、赤ちゃん連れの方でも楽しめますよ。

eチケットには左上にQRコードがついていますので、ファストパスのももちろんとることができます。

そのまま、次のファストパスがとれる時間になったので、海底2万マイルのファストパスもゲットし、マーメイドラグーンに向かいました。マーメイドラグーンは少し暗めの室内ですが、とても温かくレストランや小さい子も乗れるアトラクションがあるのでおすすめの場所です。

マーメイドラグーンマーメイドラグーン2

マーメイドラグーンシアターでは、アリエルの空中ショーとなっていて座席に座ってコンサートを聴けますので、休憩しながら楽しむことができます。

その後は海底2万マイルへ戻りファストパスをとっていたので待つことなく乗れ、こちらも暗い中を乗り物で探索するアトラクションでしたが、怖がりな息子も楽しむことができました。

海底2万マイルがあるミステリアスアイランドには2016年4月15日〜2017年3月17日(金)の間に行われている、東京ディズニーシー開園15周年「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ(The Year of Wishes)」のパーク内の7つのクリスタルポイントの1つがあります。これはクリスタルコンパスを購入して、台にはめると素敵なことが起こるらしいのですが、台に両手で触れるとキラキラ光るので、コンパスを混入せずとも楽しむことができます。
ディズニーシーオブジェの写真

その後、朝起きるのが早かったので息子が昼寝してしまったので、お土産屋さんへ向かいお土産を購入。購入したお店の並びにあったチケット発券機のようなものが並んでいる建物に偶然入り、一瞬何をみんなしているのかわからず近くにいたキャストに尋ねたところ、「ビッグバンドビート」というミッキー達が楽器を演奏するミュージックシアターのチケットの抽選会場とのことでした。

普段抽選に当たることが滅多にないですし、混雑日でしたので、全く狙っていませんでしたが、とりあえずeチケットのQRコードを機会にかざして挑戦…なんと、当たりました!

本当にビックリ!そして、座席を確認するとステージのど真ん中のエリアでした。無欲の勝利というか、とてもラッキーです。

ライブチケットの写真

(後編につづきます)

1 2 3