夏でもマスクでもメイクをしたい方にお勧め!Laura Mercier のルースセッティングパウダー・トランスルーセント♪

夏も近づき、ただでさえメイクをキープするのが大変なのに現在はコロナ禍でマスクを着用しなければなりません。マスクとメイクの相性ははっきり言って最悪ですが、それでも私はメイクがしたい・・・。

そこで、メイク方法はもちろんのこと最後に使用するパウダーの質を上げることに決めました。以前はChacott(バレエなどの舞台用品ブランド)のパウダーを使っていました。こちらのパウダーもよかったのですが、マットに仕上がりすぎて少し粉っぽくなるのが私にとって少々マイナスでした。

そんな時王道のLaura Mercierに出会い、手始めとして小さいサイズを購入ししばらく使っていました。T-ゾーンのテカリはヨレる原因(少なくとも私の肌は)なので、実際のところ、このパウダーは大変重宝しています。今回は、手持ちの小さいサイズが底をつきましたので、満を持してフルサイズ(29g)を購入しました。ついでにベロアパフも大きいものに新調です!

Laura Mercierルースセッティングパウダーは定評があり、言わずと知れたロングセラー商品。百聞は一見に如かずと確かめて大正解でした。粉っぽくなるのが嫌な人はこちらパウダーをお勧めします!

資生堂ワタシプラス箱資生堂ワタシプラス箱開封

今回は公式サイトから注文し、資生堂watashi+経由で購入しました。1点から送料無料なので大変嬉しいです。「ルースセッティングパウダー トランスルーセント29g」のお値段は税込5,280円ですが、一緒に「ベロアパフ」(税込1,320円)も購入しましたので、全部で合計6,600円(送料無料)でした。

資生堂ワタシプラス梱包具合ローラメルシエパウダー本体箱

資生堂watashi+の梱包はとっても丁寧で、商品が動かないようにビニールでラップ固定されていました。このような梱包だとうっかり落とされても全然大丈夫そうです。また返品・交換用のフォームも同梱されており、必要な場合はとても簡単に手続きができそうで安心しました。

パウダー本体の箱は、外側は少しマットな手触りで高級感があり内側はゼブラ風の柄が施されていてとっても素敵です。全体的にブラウンを基調としているところも大人な感じで最高です。

ローラメルシエパウダーケースローラメルシエパウダー大小比較写真

実際の商品はというと、きめ細かいパウダーで肌にしっかりと密着します。ナチュラルメイクでも濃いめのフルフェイスメイクでも、時間がたって浮いてきそうな場所に使用することでメイクの持ちを格段に良くしてくれます。また、パウダー自体はほとんど色がないトランスルーセントなので、白浮きせずとても綺麗に仕上げることができます!(:上部写真右は手持ちの小サイズとの比較です)

ローラメルシエパウダー本体

もちろんパウダーだけでも良いのですが、オススメの使い方は以前ご紹介した「CLARINS(クラランス)のフィックス メイクアップ」との併用です!Laura MercierのパウダーとClarinsのフィックススプレーがあれば、夏場のマスクでも鬼に金棒!最高の相棒です!

マスクに色移りが一切無いということはないですが、マスクに移ってしまう量を最小限に抑えることができますので本当にオススメです。私が使用してみた感じですと、マスクを外した後でも(歩いて汗をかいていても)、メイクがおかしくなっていることはありませんでした。

この2つを手に入れてからは出先でのメイクの心配がかなり軽減されたので毎日がとても快適です。
メイク崩れにお悩みの方はぜひ一度お試しください♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Comment *