Posts Tagged ‘ヨーグルティアS’

自宅で簡単にヨーグルトや発酵食が作れる「ヨーグルティアS」を購入しました!

チョコレートのテンパリングをしているときに、自宅だと室温を一定にできないのと、量も少ないため上手く温度調節ができず苦労しました。もっと簡単にテンパリングできないかなと思いチョコレートを保温するテンパリングの機械を調べたところ、安くても5万位するものが多く、安いものはいまいちなものがおおかったです。そのときに見つけたのが「ヨーグルティアS」というヨーグルトを自分で作る機械です。温度調節ができるのでヨーグルトの他にも甘酒やローストビーフ、鳥ハム、など色んなものに使えるのがよくて購入を決めました。

ヨーグルティアSは、ヨーグルトメーカーで有名なタニカ電器が作っています。色はブルー、ピンク、グリーン、ホワイトの4種類から選べます。楽天にある公式サイト「タニカ電器オンラインストア」から購入するとアンケート回答で保証期間を3年に延長。万が一壊れても保証期間内なら無償で修理してくれるのでこちらで購入することにしました。

ヨーグルティアSには容器の種類が色々あり、自分の用途にあったセットを購入するのをおすすめします。通常だと容器はプラスチックのものになりが、傷がつくプラスチックだと衛生的に不安なためガラス容器が2つついてくるのを選びました。他にも温泉卵がつくれる専用の容器などがあります。

楽天にある公式サイト「タニカ電器オンラインストア」で「TANICA タニカ ヨーグルティアS ガラスセット」を購入しました。価格は税込で13,500円で送料無料です。

ヨーグルティアSは市販ヨーグルトを種菌としてヨーグルトを作ったり、粉末種菌を使い、カスピ海ヨーグルト・ABCT種菌ヨーグルト・ ケフィアヨーグルトなど、様々な自家製ヨーグルトを作ることができます。また、他には甘酒、自家製の発酵食など作ることができます。


段ボールの中には商品と納品書が入っています。


商品を開けると、ヨーグルティアS本体、ガラス内容器が2つ、取手ふた白色、専用スプーン、レシピ集、取扱説明書、定期購入の案内入っています。取手ふたは密封しないで作る納豆などで使うようです。


ガラス容器は本体の中に入った状態で届きます。ふたがカチッと閉まるクイックスクリュータイプになっていて、内容器容量は1200㏄でメモリもついていて分かりやすいです。蓋はハンドルふたになり取手がついていますが、倒すことができるものです。ただし取手だけで持つのは危ないので、容器も支えるようにと取扱説明書には書いてありました。耐熱ガラスなので傷つきにくく、臭い移りや熱にも強いので安心です。


画面に表示されている数字は上は温度、下は時間になっています。温度は25℃~75℃温度管理精度±3℃、時間は30分・1~48時間で設定できます。発酵終了時にブザーがなり、ボタンにも操作音ついています。 ブザー音と操作音はオン・オフの切り替えが可能です。


コードは本体の裏に手で巻いて収納されています。長さは1.8mです。


実際にローストビーフを作ってみました。付属のレシピブックにはのっていなかったためネットで検索してきたレシピを参考にヨーグルティアSは62℃で4時間に設定しました。牛肉はフラインで焼き色つけた後、ラップをまいてからジップロック空気を抜いてからお湯の中に入れました。


4時間後に取り出してから切った写真です。最初切ったときに少し火が入りすぎたかなと心配になりましたが大丈夫でした。普段はフライパンで焼いた後にアルミホイルで巻いて時間を置く方法だとすこしレア感が強かったんですが、ヨーグルティアSで作った場合はしっかり中まで熱が入って安心して食べれます。

実際使用してみましたが、温度は上がるまで時間がかかるため水でなく給湯器でだせる高めのお湯を入れるといいです。またコードの収納は長いのに手巻きのため少し面倒でした。

最初に費用はかかってしまいますが、一度購入すれば自分でヨーグルトが作れるため花粉症や健康のために毎日ヨーグルトを食べてる人に「TANICA タニカ ヨーグルティアS ガラスセット」は商品です。私もチョコレートのテンパリングだけでなくヨーグルトを作るのも試してみたいと思います。