お肌の毛穴の開きが気になり始めたので、ロート製薬のオバジCセラムを試してみました

毎日のスキンケアは化粧水と乳液を付けて終わりなのですが、年齢の経過とともに鼻の毛穴の開きやそばかすが気になり始め、ビタミンC配合の化粧品が欲しいと思い、ロート製薬が販売しているObaji(オバジ)Cセラムシリーズを購入してみました。

オバジ商品の全体像

オバジCの外箱   オバジCの外箱の説明書

オバジCセラムシリーズは、2001年から発売されて以来度々雑誌でも紹介されている美容液です。美容液にはビタミンCとビタミンEが配合されており、お肌の毛穴、キメ、ざらつきの改善と肌にうるおいを与える効果があると言われています。

ビタミンCの濃度の違いで「C5、C10、C20セラム」の3種類販売しています。私が購入したのは、中間の10の12mlのサイズで、価格は4,000円です。朝晩顔全体で、3~4滴使って40日間分の容量になります。「オバジC10セラム」は約2倍の容量で26ml入り7,000円で販売しています。

 オバジのサイズ感スポイトで美容液を手に取った様子

ガラスの容器に入っており、スポイトを使って手に取ります。洗顔後に化粧水、オバジの美容液、乳液の順で使っています。私は3滴分を顔全体になじませ、1滴を気になる鼻と頬の毛穴が気になるところにピンポイントで塗っています。

オバジCの取扱説明書

無色透明でオイルのような感触ですが伸びが良く、特にべた付いたり、テカることもなくさらっとした付け心地です。柑橘系の甘い香りなので、人によって好みがわかれるかもしれません。塗った直後もしばらく香りが持続するくらい強いです。

オバジCセラムを使った方の中には、肌への刺激が強すぎるとの口コミもあったので、敏感肌の方は最初様子を見ながら付けたほうが良いと思います。オバジのみの使用ではお肌の保湿力が足りないので、最後に乳液でしっかりと保湿が必要です。

購入してから2週間経ちますが、まだ毛穴に関しては変化がありません。しかし3~4日間経過して肌のザラつきは明らかになくなり、化粧のりが良くなりました。

特に気にしていた鼻まわりは、ファンデーションが馴染まず毛穴を隠し切れない時もあったのですが、オバジを使ってからはカバー力が上がりました。目視では毛穴が小さくなったようには感じませんが、少しずつ改善されているのかもしれません。

また、オバジを使う前より、鼻の毛穴の油分が減ったように感じます。そばかすの濃さは残念ながら変化なしです。

オバジCセラムのパンフレット  オバジCセラムの商品シリーズ紹介

まだ使って2週間ですが肌が滑らかになったことは実感できたので、継続して使い続けたいと思える商品です。今回私はPLAZAにて購入しましたが、オバジシリーズは全国のドラッグストアでだいだい取り扱っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Comment *