9月 2019 archive

5,000円以下で買えるSONYのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NWBT20N」がお勧めな理由!

私は、会社への通勤時間や家事をしている時間を使って音楽を聴いたり、動画を楽しむのが毎日の密かな楽しみです。そんな時に便利なのがBluetooth機能を搭載したワイヤレスイヤホンです。歩いている時や作業しているときにもコードが引っかかったり取れてしまったりしないのが楽なんです。

今まで私が使っていた物は、耳の中に入れる左右分離の完全ワイヤレスタイプのイヤホンでしたが、家事をしている時に落ちて壊れてしまったので、今回は左右一体型のものにしました。SONYの「MDR-NWBT20N」です。

ワイヤレスイヤホン写真

この商品は、周囲の騒音を消して音楽等の音だけが聞こえやすくなる「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているワイヤレスイヤホンです。この機能がついていると、高額なものも多いですが、「MDR-NWBT20N」は4,270円(税込)と5,000円以内でお手頃に購入可能なんです!色々なメーカーからワイヤレスイヤホンは発売されていて迷いましたが、SONY製なら、音も性能も安心かなと思って決めました。

「MDR-NWBT20N」は、ソニーストアでの販売は終了してしまっていますが、楽天やネット販売では、取り扱いがあります。私はその時最安値だったアマゾンで購入しました。

ワイヤレスイヤホン箱の写真ワイヤレスイヤホン段ボール写真

梱包もしっかりしていて、ずれないようになっていました。内容物は、説明書と本体、イヤホン、イヤーピース(S,M,L)、USBケーブルです。イヤホンピースが3サイズあったので、使用してみて自分の耳のサイズにあったものを使えるのが良かったです。

ワイヤレスイヤホン梱包品

本体は、コンパクトで軽く、ソニーのウォークマンのロゴも入っていてオシャレです。黒だと高級感もあるように感じました。このイヤホンは本体の裏側がクリップになっていて、ポケットや洋服の襟ぐり等にひっかけて使います。思った以上に軽いので、服も傷めずに使用することができます。

ワイヤレスイヤホン本体写真

操作は簡単で、側面に電源ボタンやノイズキャンセリング機能のON・OFFがついています。よく使う再生や一時停止も大きくなっているので、使いやすいです。Bluetooth機能がついているので、携帯やタブレットで簡単につなげることができました。ワイヤレスなので、家事などしながら動いたり少し離れたところに行っても音楽を楽しめます。

ワイヤレスイヤホン側面写真ワイヤレスイヤホン側面写真

2時間だけの充電で最大9.5時間の再生が可能です。ノイズキャンセリング機能をONにしても8時間連続再生ができるのは、嬉しいポイントですよね。充電するときは、側面の小さなカバーを開けると、ケーブルのを差すことができます。これが、思ったよりも硬くて、こんなにひっぱって大丈夫か最初は不安になりましたが、コツをつかむと、開けやすくなってきます。

ワイヤレスイヤホン充電部分ワイヤレスイヤホン充電の写真

今回、私は初めてノイズキャンセリング機能を使いましたが、本当に外の音が驚くほど聞こえなくなり、イヤホンからクリアに音が聞こえてきてびっくりしました。電車や飛行機の騒音がかなり軽減されます。音量を大きくしなくても、そのままで音楽や動画を楽しめるのは、とても快適でした!音もとても綺麗に聞こえます。

ただ、歩きながら使用したりすると、コードがずれてきて片方が取れやすくなったりするので、ランニングや動きながら使うことがメインの方には不向きかもしれません。私は、家事中に使用するのがメインなので、多少のずれは気になりませんでした。

前に使っていた完全ワイヤレスなイヤホンだと小さすぎて操作しずらかったり、いったんイヤホンを外して周りの音や話を聞くときも面倒でしたが、今回購入した左右一体型イヤホンだと、たまに周りの音を聞きたいとき等は首にひっかけておけるので、便利です。コードがある分、うっかり落してしまうことがないのも安心ですよね。

電車や家の中で気軽にワイヤレスイヤホンを試してみたい方には、5,000円以下で買えるSONYのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NWBT20N」は、とってもお勧めです。