11月 2016 archive

自転車対応の袖ありレインポンチョを購入した感想

通勤に自転車を利用している人の最大の悩みは雨の日ですね。私も電動自転車を愛用しているので、雨グッズにはすごく関心があります。

特にレインポンチョは、袖が濡れない、前が見えやすい、リュックが濡れない、膝が濡れない、見た目がダサくないなどと条件がたくさんあるのに加え、自転車屋さんや雑貨屋さんには自転車対応のはなかなか売っていないので、そんな時はネット通販がとても便利です。

そんな私の条件をクリアし、購入したレインポンチョは「Poche Chou Chou(シュシュポッシュ)自転車レインポンチョ 【L マリンボーダー】」です。私が購入したマリンボーダーは特に人気のある色で、在庫がないサイトが多かったです。PenPort(ペンポート)楽天市場で購入し、注文から4日ほどで到着しました。

配送の箱箱の中の写真

全体的に紺色で、袖と裾はボーダーになっている派手すぎず地味過ぎない色を選びました。

このレインポンチョはママたちの声から生まれた商品で、6つの特徴があります。
①大きな透明つばがありフードをかぶっても視界を妨げない
②袖が二重になっていて、内側はゴムが入っていて濡れにくい
③裾が絞れるので、風で膝上がめくりあがってこない
④袖の外側が大きいので、ハンドルごとカバーできる
⑤背中部分に反射生地が縫われているので、夜間自転車に乗るときに安全。
⑥縫い目からの雨の侵入防止のため内側にシムテープ加工がされている

ポンチョ全体

袖の写真ファスナーの写真

1年ほど前からLOGOSのポンチョを使用していたのですが、袖がない形でかぶって脇をスナップで止めるタイプでした。袖がないので、風に吹かれるとむささびのように広がってしまい、袖口も絞られていないので下に着ている服の袖がビショビショ。フードのつばも透明ではなくてとても短かったので顔もビショビショでした。

着てみた感想は、予想以上に袖が太いなと思いました。ただ、冬にコートを着た上にレインポンチョを着ることとなるとこれぐらいの太さがあった方がきつくなくいいかもしれません。そして、前にファスナーとボタンがあるタイプなので、脱ぎ着が楽で、脱ぐときに濡れてしまうのが防げます。防水レインコートと違って薄手で軽いのも特徴です。

ポンチョを着た写真ポンチョ着た後ろの写真

雨の降っていない日に撮影しましたが、ウールコートの上にでも楽々着ることができました。背中にはリュックを背負っています。丈は、身長161cmですが膝少し下という感じです。フードのつばも丁度いい具合に顔を隠してくれています。

自転車に乗った写真手元の写真

レインポンチョには本体と同じ柄の袋がついていて、ヒモ部分は途中でスナップがついているので自転車に止めて置いたり、カゴにひっかけておくことができます。

ポンチョの袋の写真袋のスナップの写真

商品が届いて数日で雨が降り、さっそく着てみました。実際にレインポンチョを着て自転車に乗ってみた感想は、完璧なものではないけれど前に使っていたいたものより、かなりいい!と思いました。

透明のつばは、かなり広めなので視界を確保しながらも顔に雨が当たりにくくなり、袖も内側にゴムが入っているおかげで、服の袖が濡れませんでした。外側の袖はハンドルカバーとまではいきませんが、ないよりかは手が濡れにくいです。風がふくとめくれます。

撥水力も、新品ですので水はじき良好でした。脱ぎ着はかなりスピーディにでき、濡れなかったです。今までの難点を全てカバーしてくれる優秀なレインポンチョですが、1点だけ残念なところが丈が少し短かった点です。もう少し長ければ膝が濡れないのに…

裾が絞れるのでめくりあがりは確かに防げますが、サドルに座るとその分上に上がってしまうので、膝ちょうどまで上がってしまいました。前に使用していたものはかなり丈が長かったので、膝は濡れにくかったのでその点だけが残念でした。ちょっと工夫が必要そうです。

しかし、レインポンチョ2着目にして、かなり使いやすいものと出会えたのでとてもいい買い物になりました。

人によってどんなものが使いやすいかがかなり違ってくると思いますので、1着目はあまり高いものを購入せず使ってみて、どんな形がいいのかを研究したのち、本命のレインポンチョを探してみてもいいかもしれません。

レインポンチョを購入した「PenPort(ペンポート)楽天市場店」は、文具やファンシー、ランドセルを扱っている通販ショップです。支払い方法は、カード払い、銀行振込(前払い)、代金引換、コンビニ決済から選べます。楽天スーパーポイントも貯まり、支払い時に貯まったポイントを利用できます。

自然派化粧品ブランド「MARKS&WEB」のスキンケアアイテムで乾燥対策!

寒くなるにつれお肌の乾燥も気になる昨今、季節の変化に合わせてスキンケア用品も一式保湿の高いものにシフトしたいと思い、自然派化粧品ブランドのMARKS&WEB(マークス&ウェブ)のスキンケア商品を購入しました。

MARKS&WEBは2000年に東京で生まれたフェイスケア・ボディケア・ヘアケアアイテムを取り扱っているお店です。

marks&webの化粧水と乳液のパッケージ2

販売するスキンケアアイテムはオイルやハーブなどの植物原料やエッセンシャルオイルの香りが使われているので、スキンケアと同時にリラックス効果も期待できます。

また、MARKS&WEBのスキンケアシリーズは、人それぞれのお肌の状態に合ったアイテムを選ぶことができる点が特徴です。例えば、化粧水1つでも「さっぱり・しっとり」、「水分を補う・油分を補う」などタイプ別に商品が揃っています。

スキンケアシリーズのチャート

私が今回購入したのは、さっぱりタイプの化粧水「ハーバルウォーター 230ml」1,252円と、しっとりタイプの乳液「フェイスローション ディープモイスチャー100ml」2,289円です。香りはお休み前に特にリラックス効果のあるラベンダーを選びました。

商品ごとに香りのラインナップが若干異なりますが、ラベンダーのほかにゼラニウム・マンダリン・ローズマリー・ペパーミント・カモミールから選べ、香りの種類も豊富です。既製品ですが、まるで自分の好きな香りを調合してスキンケアをしている感覚で、気分があがります。

化粧水の「ハーバルウォーター」はガラス瓶で回し蓋のタイプです。精油・天然発酵アルコール・保湿成分が含まれています。私はニキビ肌なので、アルコール成分が入ったタイプを好んで使っています。さっぱりとした使い心地でべた付きは全くありません。

ハーバルウォーターの取り出し口 ハーバルウォーターを手に付けた様子

乳液の「フェイスローション ディープモイスチャー」はプラスチックのボトルでプッシュ式のタイプです。水分蒸散を防ぐコメ由来のセラミドと保湿成分ヒアルロン酸Naが含まれています。

トロッとした乳液なのでプッシュ式タイプは時間のない朝でもすぐに取り出すことができて楽です。1プッシュで顔全体を十分に保湿できます。べた付きもなく、程よいしっとり感です。

フェイスローション ディープモイスチャーを手に取る様子 フェイスローション ディープモイスチャーを手に付けた様子

乳液は今回購入したフェイスローションの商品とフェイスクリームの販売がありますが、フェイスクリームのテスターを試したところ、油分が多く付け心地も重ためだったので、べた付きを気にする方はフェイスローションの購入をおすすめします。

化粧水も乳液もほのかにラベンダーの香りがして癒されます。肌に馴染ませている瞬間香る程度なので、個人的にはもう少し香りを強くしてほしいと思いました。

使用から約1週間経った感想ですが、朝から夜お風呂に入るまでの時間は乾燥は気になりませんでした。しかし夜スキンケアをしてから朝目覚めた時は少し保湿が足りないように感じたので、次にリピートするときは化粧水をしっとりタイプに変えようと思いました。

お肌のタイプや付け心地の好みは本当に人それぞれ異なると思います。MARKS&WEBは1回分のトライアルパウチも販売していますので、初めての方はまずトライアルセットを購入してはいかがでしょうか。

私は今回店舗で購入しましたが、お近くに店舗のない方はネットストアから購入できます。5,400円以上のお買い物で送料無料です。また、無料のメルマガ登録でお買い物500円ごとに15ポイント貯まり、500ポイントごとに1ポイント1円としてお買い物に使えます。

自然派化粧品と聞くと成分へのこだわりからお値段も高そうなイメージですが、MARKS&WEBは比較的リーズナブルな価格設定と詰め替え商品も販売していることから、気に入ったら、無理なくリピートできるのでおすすめです。